2020年7月10日 (金)

レボルビング装置は彗星撮影用としても有効です

B200710

ネオワイズ彗星が東の空低くに現れていますが九州は連日の大雨でどうにもなりません。夕方の空に周る20日以降に期待したいです。

ところで今回のネオワイズ彗星は地平光度が低いので,地平の風景も入れた撮影になるでしょう。写真のシグマ135mmF1.8のようの三脚台座がないレンズで追尾撮影する場合はレボルビング装置があると地平線との平行合わせが容易です。

以下は2013.3月に現れたパンスターズ彗星の写真です。これは三脚台座のあるZuiko150mmF2で撮影したのでレボルビング装置は使ってませんが,台座のない広角~135mmクラスの場合レボルビング装置があると便利でしょう。

RR-92は生産を終了しましたが本日現在,EOS6D用が4台(PC6DR*3,BL6D*1),6DMⅡ用が7台, GFX-50R用が2台の在庫があります。D810A用は完売しました。

Panstarrs_13_3_3_s

|

2020年7月 6日 (月)

SM135BLの補足説明

B2007061

昨日紹介したishootSM135対応の縦横切替ブラケットの補足説明となりますが,写真のようにDP38-86の中間位置に装着すれば前後バランスがとれます。

写真は前後バランスがとれた位置てすが,プレートをボディ側に突き出してもボディと干渉しない設計なのでDP38-110や190も使用できます。(設計に用いたカメラボディはD810Aです。他のカメラでの確認は取れていません)

なお,DP38-86は在庫が一桁になっており在庫限りで販売を終了いたします。既に販売を終了したDS38と併せ秋には後継機種を発売予定です。完売しました。追加製作の予定はありません。7/9追記

B2007062

|

2020年7月 5日 (日)

ishoot製SM135対応縦横切替ブラケットが完成しました

B2007051

こちらの記事で紹介していたishoot SM135対応の縦横切替ブラケットSM135BLが完成しました。ご予約の方へは一両日中に案内いたします。

この商品はishoot SM135専用として開発したので,前後方向のバランスがとれるなどPPROMINAR500mm/F5.6用のLB38-90の流用より使い易い上に軽量です。

販売するSM135BLはL型のブラケット本体のみで,縦構図側のアルカスイス規格プレートはSM135付属のものを流用します。横構図側には別途プレートが必要です。取付ボルト穴の都合上DP38-86をお勧めいたします。(ボルト1本固定になりますが市販品も使えます)

SM135BL(9,900円)はご予約分のみ製作しましたが僅かな余剰がございます。

なお,SM135BLは当方が入手したSM135を元に設計しています。仕様が変更されている可能性もあるため製作図をお送りしますのでご確認の上ご注文お願いします。以下は各方向からの写真です。(写真のFC-50赤道儀の赤緯面に装着したプレートは販売を終了しています)

B2007055

B2007054

B2007053

B2007052

|

2020年7月 2日 (木)

FSQ-106EDP用スケアリング調整対応OAGの開発について

B2007022

現在FSQ-106EDP用のスケアリング調整対応OAG(2AD-OAG)を開発しています。

2AD-OAGはFSQ-106EDP接眼部の2種アダプター(CCA-250)にOAGユニット装着部とスケアリング調整機能を組み込んだもので2種アダプターと同一光路長設計です。カメラ接続側は2種アダプターと同じM54Fに加えM72Fも準備する予定です。

写真手前中央はタカハシとボーグの純正パーツを使いGFXマウントを装着した状態です。645レデューサーからのバックフォーカスは73.5mmに合わせています。

 

これから646RDとの干渉やOAGのピックアップなど実機確認を行い目途が立った時点で特注品として受注いたします。

(受注は8月目途。M54,M72何れも19,800円の予定。OAGユニットは含まず)

また接眼部の構成がFSQ-106EDPと同じCCA-250でも併せて実機確認を行う予定です。なお構成上F3RDでは使用できません。

|

SUPERMOUNT社製Cygnusシリーズカーボン三脚について

B2007021

ハーモニックドライブ改造したEM-200をSUPERMOUNT社製Cygnusカーボン三脚(天文ハウストミタ扱い)に搭載してみました。

Cygnusシリーズはカーボンチューブの太さや搭載機材に加え,エレベーション機構の有無など多彩なバリエーションですが,紹介するのはシリーズ中堅のCYG48のEM-11/200用です。

これまでP-2クラスまでを対象とした海外遠征用PTPシリーズを開発してきましたが,このCyg48は驚くばかりの強度でPTP-C22とは異次元のカーボン三脚です。

これだけの強度を有しながらCyg48の重さは約4kgです。写真の赤緯軸をハーモニックドライブ化したEM-200DHDは約4kg軽量化されているので三脚も含めた重さがノーマルのEM-200と同じ重さになっています。

なお赤道儀取付面は簡単に取り外せるので,近日中に90S用のアダプターを試作する予定です。(Cygシリーズと90S用などの特注アダプターセットは当方でも受注しますが,三脚単体は天文ハウストミタへお問い合わせください)

|

2020年6月29日 (月)

EM-200赤道儀 赤緯軸ハーモニックドライブ化 その6

B2006292_20200629083201

EM-200の赤緯体にハーモニックドライブを装着する部位の仕様を変更しました。

最大の変更点はこの部位に取っ手を設け赤道儀運搬時や据付が片手で行えるようにしています。改造後の重量は12kgほどになるので取っ手を持てば片手で容易に保持でき,据付時の落下や転倒事故が防げます。

 

もう一つはこの部位に簡易的に原点を合わせるための水準器と指標を設けました。

赤径側は水準,赤緯側はカーソルを合わせれば鏡筒は真東(西)の水平線を向いた状態になるので,その位置でアライメントを取れば自動導入ができます。暗闇で認識できるようそれぞれ内部から照明しています。(極軸望遠鏡の視野照明と連動して明るさ調整可)

簡易的な手法ですがこの方法で殆どの場合写野に目的天体が導入されます。その後写野中心に導入補正すれば完全です。Titan TCSはこのアライメント手法用としてEAST(WEST)がアライメントポイントとして登録されています。

B2006293

最後の変更点は張り出した取っ手で美観を損なわないようこの部分の色を黒に変更しました。

 

EM-200赤道儀の赤緯体ハーモニックドライブ改造は初期ロット用として準備した用品分の注文をいただいたので一旦受注を終了します。次期ロットを実施するかは今後の状況により決定しますが最短でも2021年以降となる予定です。

なおEM-200用の極軸望遠鏡視アングルファインダーアダプターの最終ロット40個は入荷しております。(断続的な出張予定があるので発送までお時間いただく場合もございます)

 

以下は真横から撮影した写真ですが,オリジナルの赤緯軸を取り去り,ハーモニックドライブを内蔵したアリミゾを直接ハウジングに装着したイメージです。

このアリミゾ部は鏡筒着脱に伴いすり傷がつくので,改造をご注文のお客様に限り交換部品として18,700円(DS75R-20と同価格)で単体販売します。お客様での交換は容易です。

B2006291

|

2020年6月25日 (木)

BORG 72FL用スケアリング調整プレートの限定販売について

B200625

BORG72FL用(要0.72XDGQ【7872】併用)のスケアリング調整プレートを限定発売します。

写真手前左が鏡筒接続側のM57オスで内側に52mmのフィルターを装着できます。中央がカメラマウント側のM54メスでタカハシのワイドリングやQHY600/ASI6200用テーパーリング(TR74)に適合します。

なお,スケアリング調整プレートを装着すると純正の構成時に比べバックフォーカスが6.5mm伸びるので【7872】付属のスペーサーS(写真右)を取り外してください。(BORG72FLで実機確認しておりますが,メーカー公開情報によれば同じ構成となる71FLでも使用可能かと思われます)

BORG72FL用スケアリング調整プレートの価格は11,000円(税込)で限定10台です。残り3個になりました。6/26日追記 残りは1個となりました。7/2追記

|

2020年6月24日 (水)

単品製作鏡筒バンドの受注について

Sotb_20200624211701  

時折,輸入望遠鏡などを当方のアリガタ/アリミゾ+トッププレート(キャリングハンドル含む)で運用を検討されるお客様からバンドの製作依頼がありますが,これまでは外注先の都合で単品加工はお請けしておりませんでした。

この度,外注先との調整の結果,板厚やプレート取付部の形状などを標準化することで単品(前後2セット)での受注を期間限定で行うことにしました。基本形状(寸法)は上図とし、表面処理はアリガタなどと合わせる意味で銀梨地です。

受注内容は以下のとおりです。前後用1対での受注となります。

  1. 受注範囲:内径100φ~300φ(301φ以上は別途お見積り)
  2. 受注期間:2020.7.15日まで(直販のみとなります)
  3. 納    品:受注後2ヶ月の予定
  4. 税込価格:内径(小数点以下切り捨てたmm)に330を乗じた額(125.8φの場合,125×330=41,250円)

注文は鏡筒名ではなく内径をご指定ください。(内側に傷防止布を張るので実測された鏡筒径に0.8mmを加えた値)

ただ実績のあるTOA-150とε-180EDのみは機種名での注文可能です。TOA-150が179.8なので59,100円,ε-180ED用が232.8なので76,600円です。基本構造を統一することで設計費を最小化しましたので量産品(バンド厚20mmタイプ)の20%アップ程度になっています。

 

|

2020年6月21日 (日)

TSA-120N用鏡筒バンドTB125TSAの限定販売について

B200621

TSA-120Nの限定販売に伴い,TSA-120N専用のTB125TSAを販売します。限定10台で7/30日発売です。

TB125Nは接眼部の回転ノブとアリガタの干渉や前後バンドの間隔が小さくなるFSQ-106ED専用に設計したもので,背が高い上にショルダープレートに対応するなど特殊な形状となっています。鏡筒径は同じなのでTSA-120Nでも使用できますが,眼視がメインのTSA-120に見合うシンプルなTB125TSAを限定販売します。

TB125NとTB125TSAの相違点は以下のとおりです。

  1. プレート設置面から鏡筒中心までの高さ TB125N:90mm→TB125TSA:75mm
  2. ショルダープレート対応        TB125N:2面→TB125TSA:非対応
  3. 価格                 TB125N:30,800円→TB125TSA:27,500円

対応するアリガタ(DP75シリーズ)やトッププレート(TP60シリーズ),キャリングハンドルはTB125Nなどと共用です。

 

別件ですがFSQ-106EDP専用バンドセットは限定25台の内,20台ほどのご予約をいただき残りわずかとなっております。また時折ご要望のああるTOA-150用のTB179(55,000円,限定10台)の製作を検討しています。確定したら改めてご案内いたします。

6/22日から数日間は出張しますのでメールのご回答が遅れる場合もございます。

|

2020年6月20日 (土)

縦横構図切替用L型ブラケット LB38-90の紹介 その3

B2006201

本来の使い方の紹介が最後になりましたが,LB38-90開発の主たる目的はPROMINAR500mm/F5.6を当方のバンドで運用する場合の縦横構図変更のためです。

PROMINAR500mm/F5.6用のフロント,リアバンドの上下にDP38-190,MFA-P556を装着し,それをLB38-90で固定した構成です。MFA-P556にはSR31.7B4でガイドカメラを搭載しています。

 

LB38-90は以下のようにDP38-190(またはTP40-190AS)の縦方向2箇所のM6用通し穴に取り付けます。(縦横は掲載する写真での方向を示します)

LB38-90とDP38-190の取り付けは,LB38-90の横方向に並ぶ3か所のタップとDP38-190の固定穴(6.3または6.3×35の長穴)を選べば最大67.5mmスライドできます。(以下の写真の固定点がD810Aクラスで前後バランスがとれます。この位置から右に17.5mm,左に50mmスライドできます)

なおDP38-190の長手方向(写真の横方向)の固定穴を利用してLB38-90に取付れば固定点を大きく左に移すことも可能です。その際はLB38-90のM6タップが横に並ぶ面(段差がない方)を使ってください。なおベースプレートとしてDP45-190Lをご使用の場合はこの方法で運用できます。

B2006202

以下は縦構図状態で正面からの状態です。LB38-90はPROMINAR500mm/F5.6を想定したシフト量としています。

B2006203

LB38-90の価格は13,200円で7月1日発売です。初期ロットは予約で終了しました。次期ロットは7月末再入荷予定です。またここで紹介したSIGMA135mm/F1.8用三脚台座(SM135)を縦横構図変換するブラケットSM135BLは専用品を開発中(10台限定,9,900円,7/10発売予定)です。

なお,6月22日からは暫くの間は出張が続くのでメールの回答が遅れる場合もございます。

|

«XY70-H40ほかH-40関連アイテムの状況について