2021年10月23日 (土)

XY60L設計変更に伴う完成の遅れについて

B202110231

こちらの記事で紹介したXY60Lですが,大幅な計画変更のために開発が遅れております。ご検討中のお客様には申し訳ございませんが今暫くお時間いただけると幸いです。

 

XY60Lの開発目的は写真のようにカメラレンズを使った2系統のでの撮影システムで,互いの光軸を合わせるためです。写真は両側とも固定していますが,製品では片側がX-Y方向に可動し,もう方側は固定です。

ここで問題となるのは,以下のようにレンズと冷却カメラを2点で保持した場合の縦横構図変更です。2点で固定するためレンズの三脚座では回転できなくなります。

そのために下段の写真のように縦横構図を切り変えるためのL型ブラケットを商品化していますが,これら全てを個別のパーツとした場合,複雑な構成となる上に価格も高くなります。

B202110232

B202110233

そこで計画を大幅に見直し,可能な限り部品点数を減らした2系統撮影用のアイテムに変更いたします。具体的には以下を満足するもので年内完成の予定です。

  • 赤道儀への搭載とカメラ接続部は全てアルカスイス規格に統一
  • 最大300mmF2.8クラスを2系統搭載可能
  • 固定側のアルカスイスクランプはプレートと一体型
  • 可動側はアルカスイスクランプ自体にX-Y方法に振れる機構を内蔵(微動無し)
  • 両側ともL型ブラケットを併用することで縦横構図可
  • 中心部にはDP38GS同様のアライメント用ファインダーやガイドカメラ内蔵可

|

2021年10月18日 (月)

ヒーター内蔵フードHF34について

B20211018

M-GEN75GSSやQHY5LⅡMガイドセットに採用されている,Kowa LM75JC用のヒーター内蔵フードHF34を発売いたします。発売日は2021.10.30日です。


LM75JC用34mm用ヒーター内蔵フード HF34:5,940円(送料370円)
 USB-A→2.1φ電源ケーブル,プレート固定用スペーサー,ボルト附属

関連商品(HF34と同時購入時は送料は無料です)
 ・QHY5LⅡMサポートリング SR31.7B4:4,400円
・DP38-110:2,750円(在庫限りの特別価格)
・DP38-144:7,150円

仕様
 
・入力電圧:5V
・消費電流:0.24A
・発熱熱量:1.2W
・温度上昇:約10℃(HF34単体を無風の室内気温22℃下で計測した値)

 

Kowa LM75JCなどの34mmフィルターネジ対応のヒーター内蔵フード です。
市販のステップアップリングを併用すれば30.5mmなどのレンズでも使用できますが,34mmネジ部はLM75JCに合わせているので市販のステップアップリングではネジ込みがきつい場合もあります。
写真右は30.5→34mmのステップアップリングを併用していますが,この商品の場合は2山ほどしかねじ込めません。

HF34は附属のスペーサーとボルトでフード下面をアルカスイスプレート(前後固定間隔の都合上,DP38-144やDP38-110に限る)で固定できるので,カメラ部とフードの前後2点止めが可能になります。
なおLM75JCはピント合わせでレンズ全長が変わるのでHF34をピントを合わせた後にアルカスイスプレートに固定してください。
また,HF34を固定する場合は,レンズに最後までネジ込まずにプレートへの固定部(M6タップ穴)が真下になる位置で使用してください。
HF34を固定しない場合は,DP38-30AやDP38-84でご使用いただけます。

昨日紹介したDP38GSでもオプションのステーを併用すればHF34を固定できます。


電源はモバイルバッテリーのUSB5Vに対応しています。
フード内側にシリコンラバーヒーター内蔵しているので熱伝導率が高く,極めて小さい消費電力で充分な結露防止効果が期待できます。
(外気温や夜露などの条件より,結露の程度が異なるために全ての使用環境で効果を保証するものではありません)

なお,LM100JCに対応する同等商品の開発計画は現時点ではありません。

|

2021年10月17日 (日)

アルカスイス仕様のガイドカメラ用プレートDP38-GSについて

B202110171

昨日紹介したアルカスイス仕様のガイドカメラ用プレートDP38-GSを,ポータブル改造したP-2赤道儀(改造の受注は終了しています)に取り付けてみました。

直接カメラを搭載した場合に比べ,DP38-GSやアルカスイスクランプの厚み分(約5cm)だけバランス上不利になりますが,写真の例では200mmシャフトに1kgと0.5kgのウエイトでバランスがとれます。同じウエイトの場合,少しだけ長いバランスシャフトが必要になりますがデジタルカメラでのガイド撮影においては便利なアイテムでしょう。

なおポータブル改造したP-2赤道儀用のオプションとして写真の0.5kgウエイト(4,950円)を追加しました。

 

以下は側面にタカハシ5×25のファインダー(販売終了品)を装着した場合です。取付幅の都合上,適合するのはこれのみです。

B202110172

 

こちらは,DP38-GS内部に暗視野照明付の極望を装着し,側面にDP38-30AとDS38-30を使ってM-GENを装着した例です。

上記のファインダーやDP38-30Aは両面に付けられますが,アルカスイスクランプのノブと干渉する事もあるので通常は片面のみの使用を推奨します。

B202110174

 

DP38-GSは以下のようの単体でも便利です。カメラ搭載前に極軸合わせやアライメント用として使用し,撮影時は取り外すのも良いでしょう。写真は不用となった31.7mmアイピースのバレル部を極望の対物部保護用として取り付けています。アイピースキャップも使えるので大変便利です。

B202110173

|

2021年10月16日 (土)

この秋発売の新アイテムについて-2

B202110161_20211016120701

こちらで紹介したこの秋発売の新アイテムですが,先日のTB95ASに引き続き,アルカスイス仕様のガイドカメラ用プレートDP38-GSとヒーター内蔵のレンズフードHF34とが完成しました。発売は何れも10月30日の予定です。

  • アルカスイス仕様のガイドカメラ用プレート DP38-GS:8,800円
  • 34mmネジ込みのヒーター付レンズフード HF34:5,940円

 

DP38-GSはガイドカメラ(QHY5LⅡM+HF34を装着したLM75JC)に加え,暗視野照明付の極軸望遠鏡を内蔵できます。両側面にはタカハシの5×25ファインダーも取付可能です。

上面には35mm間隔のM8タップとUNC1/4タップを設けていますが,構造上中央付近は肉厚が薄いので組み合わせるクランプは写真のDP38Nを推奨します。

 

極軸望遠鏡を装着した場合,ポーターブル赤道儀やハーモニックドライブ(波動減速機)赤道儀の極軸合わせに使える他,自動導入時のアライメント用ファインダーとしても使えます。この極軸望遠鏡は照明装置付で19,800円で,M34P0.75ネジ込み式なのでAP赤道儀などでも使用可能です。

 

HF34は前回紹介から面取りなど細部を見直しています。内蔵ヒーターは5V1.2Wにしています。ヒーターはフードに設けた溝部に収まっていてフードへの熱伝導が高いため1.25Wでも充分な効果を発揮します。(フード本体が外気温+6~7℃上昇)

詳細は追って個別に紹介いたします。

B202110162

|

2021年10月13日 (水)

ASI EAF対応,FSQ-85EDP用新型鏡筒バンドの発売について

B20211013

前回の記事で紹介していた,ASI EAFに対応するFSQ-85EDP用鏡筒バンドとトップ/ベースプレートセットを発売します。

2021.10.20発売で商品価格は以下のとおりです。

  • FSQ-85EDP用鏡筒バンド TB95AS:17,600円
  • トップ/ベースプレートセット TTP40-180/BP40-180:9,900円
  • ASI EAF用クランピングカップリング:2,860円

TTP40-180とBP40-180はそれぞれ4,400円,5,500円で単体販売も行います。なおこれまでのTB95N(17,600円)も販売を継続いたします。DP75-222などでの運用時はこちらをお勧めいたします。

 

TTP40-180へは,ASI EAFの他,ガイドカメラ(DS38-30の併用を推奨)やキャリングハンドルが装着できます。また純正ファインダー(6×35)は以下のように本来の位置やTTP40-180にも装着できます。

ASI EAF,ファインダー,ガイドカメラと傾斜キャリングハンドルの間には充分な間隔ができるので持ちやすくなっています。また,フードを完全に縮められるので携行性も高くなっています。

B202110132

このバンドとプレートセットは,ASI EAFを以下写真の状態で併用する事を前提に開発しています。そのために下を向く微動ノブがアリガタやアリミゾに干渉しないようにプレートの幅やベースプレートでの嵩上げを行っています。

ベースプレートはビクセン規格のアリガタ(DP45-152Lなど)や,DP38-204同様のビクセン/アルカスイス両用のプレート(DP38/45-180,8,800円,2021.11月発売)と接続して使用します。(DP38/45-180で運用の場合,ASI EAF非装着時はBP40-180は不用)

 

以下のように下側の微動ノブはアリガタ底面より高くなるのでそのまま床に置けます。なお,アリミゾによっては,一番接眼部側にシフトした際にアリミゾと微動ノブの干渉が発生します。写真のDS45N(DS45も可)では干渉しませんのでこれらの使用を推奨します。

B202110133

ASI EAFとFSQ-85EDPのピニオン軸を接続するカップリングはスリ割りタイプを準備しました。スリ割り式なのでハーフクランプが可能となります。最適に調整しておけば,ドローチューブ可動範囲の終端になった場合でもクランプが滑り,ラック/ピニオンギヤの損傷を防止できます。

B202110131

|

2021年9月30日 (木)

この秋発売の新アイテムについて-1

B20210930

10~11月の発売に向け幾つかの新アイテムを準備しています。

  • LM-75JCなど,34mmネジ込みのヒーター付フード:HF34(写真は試作品)
  • FSQ-85EDP用の新バンドとトップ/ベースプレート:TB95AS,TTP/BP40-180
  • アルカスイス仕様のガイドカメラ用プレート:DP38-GS(製作中)
  • ガイドカメラやアライメント用ファインダーを内蔵できるアリミゾ(計画段階)

本日は試作が完了したHF34と,製品仕様が完成したTB95AS,TTP/BP40-180の写真を紹介いたします。

 

HF34はシリコンラバーヒーターを内蔵した34mm用レンズフードです。フードとヒーター間の熱伝導性が高いので5V0.8W(又は1.25W)で充分な結露防止効果を期待できます。

またMGEN-3用保持金具やSR31.7B4と高さを合わせているので(標準附属のスペーサー併用)写真のようにDP38-110などに固定できます。(写真は試作品のためメッキしていませんが,製品には黒化学研磨処理を施します)

 

FSQ-85EDP用のTB95AS,TTP/BP40-180はFSQ-106EDP用と同等の使い方です。アルカスイス仕様のご要望も多い事から,ベースプレートとDP38,45,75mmの各種アリガタ(アルカスイスプレート)を縫い合わせる方法としました。またこのベースプレートは微動ハンドルと床面やアリミゾとの干渉を抑える目的もあります。

 

DP38-GSは以前ビクセン規格で商品化してたアリガタガイドシステムのアルカスイスバージョンです。ガイドカメラに加え,アライメント用ファインダー兼暗視野照明付の極軸望遠鏡やタカハシの5×25ファインダーなどが装着可能です。

詳細については,今後何度かに分けて紹介します。

 

B202109301

B202109302

 

 

|

2021年9月19日 (日)

久しぶりの好天

B20210919

昨日は台風一過の好天でした。8月~9月中旬は全くと言って良いほど晴れなかったので久しぶりです。

写真はなかなかテストができなかった,ドロップインフィルター対応のEFマウントアダプターと,WilliamOpticsのフラットナー/レデューサー(FLAT6AⅢ,天文ハウストミタ扱い)を装着したTMB92です。

 

ドロップインフィルター対応のEFマウントアダプターはフィルターによるバックフォーカスの影響を確認するためですが,全くテストできなかったのでこちらで紹介した9月中から1月ほど完成が遅れています。

現在ご予約分のASTRO MECHANICS社製品は入荷していますので本体が完成次第納品します。なお今後のご予約分はASTRO MECHANICS社への手配の都合で2ヶ月ほどの納期を要します。

 

TMB92は個人用としてFLAT6AⅢが使えるような接続アダプター(M75M-M63F)を作りました。FLAT6AⅢはバックフォーカス調整機構が備わっていますので最適値を見つけるのは容易いようです。

昨夜はEFマウントアダプターテストの合間だったのでラフな位置ですが期待できそうな感触でした。3枚玉APOのTMB92はF5.5で,FLAT6AⅢ装着時は400mmF4.4の明るい鏡筒になります。

|

2021年9月 8日 (水)

天文用アルカスイスクランプDS38-30,DS38-50について-5

B202109081

こちらの記事で紹介してたDS38-30専用のDP38-30Aが完成しました。

DP38-30Aの価格は4,400円で9月10日発売です。

DP38-30Aには以下写真のように7タカハシ製ファインダーやSR31.7B4が適合します。ファインダーは現行のM5-28mm間隔仕様に加え,旧5×25のM4-26mm間隔も取付可能です。中心はM6またはUNC1/4ボルト穴です。

DP38-30AはDS38-30専用です。この組み合わせではノブを少し締めだけで脱落防止が有効になります。仮にノブが2~3回転緩んでも前後のスライドや脱落を防止する設計です。

欠品していたDS38-30は第2ロットが入荷しました。通常納期(3営業日)となっております。

B202109082

|

2021年9月 2日 (木)

GN-170用オプションパーツの受注生産について

B20210902

現在,以下のGN-170用オプションを準備しています。基本的に受注生産となりますが詳細は後日個別にご案内します。

  • カーボン三脚(SUPER MOUNT CYG48)用アダプター
  • ステンレスウエイト(軸経16φ)
  • 65mmアリガタ

カーボン三脚用アダプターはCYG48三脚とのセットと単品(CYG48専用,16,500円の予定)の受注となります。

ステンレスウエイトは構造上,写真の約4.2kg(7,700円)が最大となりますが,これより軽量の物であればお請けします。

65mmアリガタはDP65-257(12,100円)のみ在庫品として販売しておりますが,DP65-222(9,900円)を受注生産します。併せて65mmアリミゾのDS65-20(15,400円)も受注予定です。

何れも受注期間は9月10日までで,完成は10月末の予定です。受注を終了しました。2021.9.13日追記

 

|

2021年8月19日 (木)

天文用アルカスイスクランプDS38-30,DS38-50について-4

B202108191

DS38-30に引き続き新に商品化したDS30-50の紹介です。

写真の縦横構図切替用L型ブラケット(LB38-90)はDS38にのみ適合する構造ですが,DS38(写真左奥)は販売を終了したため,DS38と基本サイズや固定部(M8ボルト穴×2,35mm間隔,中央UNC3/8タップ)が同じDS38-50を商品化しました。

プレート押さえ部は他のDS38,45,75シリーズ同様,3点固定式に改良しています。

 

新型のDS38シリーズはアルカスイスプレートを真横から押す位置に変わっています。以前の押さえ方法では押さえピースが僅かに傾きますが,新方式はアルカスイスプレートに密着するため固定が安定します。また,ノブの位置が高くなったために取付面との干渉がなくなった事やノブが出入りしないので構造なので格段に使い易くなっています。

 

DS38-50はLB38-90を固定するのが主目的なので,基本的にはオレンジ色のレバーハンドル仕様ですが,ガイドカメラ用として黒のノブ仕様も受注生産します。価格は何れも9,900円です。

B202108192

なお,受注集中のためにブラックノブが欠品しています。そのためにDS38-30と,DS38-50のブラックノブ仕様の納期は2週間ほどいただいております。

|

«天文用アルカスイスクランプDS38-30,DS38-50について-3