2019年2月17日 (日)

RED CAT51用オプションの開発について

B190217

RED CAT51はまもなく入荷予定ですが,それに合わせて専用オプションの
開発を行っています。
直ぐにでも必要なのがガイド鏡取付けと思いますが,これまでに開発した
QHY5LⅡMやM-GENのガイドシステムがそのまま使えるようにします。
このほかに冷却CCDカメラ用として電動フォーカサーも限定生産予定です。
またこの鏡筒でのツイン撮影用としてAP60-19060を二回りほど小さくした
AP50-11050も開発しています。

(写真は手持ちのアルカスイスプレート経由で仮に付けただけです。
色を合わせるためだけにQHY5LⅡL以外のガイドカメラになっていますが
製品はすり割りクランプサイズの都合上,QHY5LⅡM専用になる予定です)


RED CAT51については天文リフレクションで紹介されていますが海外でも
大変な人気のようでAstrobinでも作例が紹介されています。
下の写真をクリックすると最大解像度でご覧いただけます。
B1902172

|

2019年2月16日 (土)

GE1414HD赤道儀用 極軸望遠鏡の補足説明

B190216


この記事で紹介したGE1414HD用極軸望遠鏡(ポールマスターアダプター
装着タイプ)の補足です。

この極軸望遠鏡は,写真のようにコントローラーなどを接続するパネル面を
真下に向けた状態で極軸望遠鏡の接眼部が真上を向くように装着してください。
そうするとアングルタイプなので大変覗きやすくなります。
赤道儀本体と組み合わせて出荷しておりますがこの位置を基準として調整
しています。


この状態で南側から極軸望遠鏡を覗くとスケールパターンは以下の状態で
風景は正立に見えます。(以下の例は倒立像)

B15_07_172_2

Polar Scope Alignで求めた北極星の位置は倒立の場合なので6時間加えた
位置に導入します。以下の例の場合,6時50分の位置になります。

B15_07_175

GE1414HDは2軸ガイド撮影が基本なので,この極軸望遠鏡で合わせる
程度で十分ですが,ポールマスターで合わせる機会があればその際に
一度校正される事をお勧めします。
ポールマスターと入れ替え,その時点の北極星の位置とずれていれば
極軸望遠鏡のレチクルを調整すれば完璧でしょう。

GE1414HDは全台この極望で据え付けて追尾テストを行っていますが
赤緯方向のズレは以下の程度です。

1410098184651


|

2019年2月 9日 (土)

製品仕様のRED CAT51入荷+強化マウント

B1902091

製品仕様のWiiliam Optics RED CAT51 F4.9が入荷しました。
今回分は販売店展示用で,ご注文(予約)分は今月末入荷予定です。


なお,試写時に気になったカメラマウントの強度ですが,今回銅合金製の
強化版が発売されました。
NIKON,CANONともに純正レンズを装着するのと変わらない固定感です。
この強化マウントの単体販売価格は9,180円(税込)です。

強化マウントはM48ネジ込み仕様のため一般的なM48接続の鏡筒でも
使えますが一体構造なのでマウント部での回転はできません。
(RED CAT51は接眼部に回転装置があるので問題ありません)
 
B1902094

試作品のRED CAT51試写時は手持ちの安価なマウントだったので強度が
不足していました。
すぐにでも製品仕様の RED CAT51と強化マウントで試写したいのですが
天候に恵まれません。

 

これからはGE1414をご購入のお客様への連絡事項となりますが
標準状態のままのGE1414にRED CAT51をツインで搭載した状態です。
ボディはD810AとEOS6Dですが写真の横位置でも干渉しないので
このクラスの鏡筒の場合は標準仕様のままで実用になります。

B1902092

RED CAT51のアリガタはDP38-110に交換していますがベストマッチです。

B1902093


|

2019年2月 7日 (木)

Mark-X赤道儀関連アイテムの生産終了について

B190207


MTS-3を使た自動導入モータードライブなど,全てのMark-X赤道儀用
アイテムは生産を終了しました。
なお,MTS-3を使った自動導入モータードライブ及び,AMD-2Nのみ
極少量の受注が可能です。(業務多忙につき受注は10月以降です)
 
 

ご購入いただきました

Mark-X赤道儀関連アイテムの開発終了につき,写真の赤道儀を
お譲りいたします。
お譲りするのはMTS-3自動導入仕様の赤道儀本体,バランスウエイト
純正木製三脚で,写真の鏡筒と鏡筒バンドは含みません。
写真以外にDS65MXとDP65-288(いずれも新品)が付属します。
赤道儀は程度の良い中古品,MTS-3 は展示品,モーターは新品です。
極望のレチクルは南北両用の最終パターンです。
以上一式での価格は200,000円(税,送料込)です。


実はこのMark-Xはこれまで所有した中でも最も高精度な個体です。
以下は参考程度ですが,一番上のグラフが今回お譲りするMark-Xの
データで,下の2つは他の個体です。
Y軸の1目盛りは約10秒角なのでP-2や90S並みの精度です。
(ガイド鏡の焦点距離は同じですが,その他の件は変わっています。
厳密な比較ではありませんので参考程度です。
お譲りする個体の精度を保証するものではありません)

Mx_n_75mm


Mx1_1


Mx2


|

2019年2月 6日 (水)

IDAS NB1フィルター

B1902061

2/1に発売されたばかりのIDAS NB1フィルターを入手しました。
ほかにも同様のものがありますが,決め手は52mmサイズもあったことと
ナローバンド強調の効果が他より緩やかと思えたからです。

PENTAXの鏡筒ではドローチューブに58φフィルターネジがあるので
58→52ステップダウンリングで装着できます。
ここは焦点位置から12cm前方なので52mmあればフルサイズオーバー
でも使えないかと思っています。

以下は48mmと52mmの比較です。数字以上の差を感じますよね。
(有効径は46mm弱と48mm弱なので2mmしか差はありません)

B1902062


|

2019年2月 3日 (日)

ATIK製冷却CCDカメラとQHYCCD製品の接続

B190203

ATIK-16200をご購入いいただいたお客様からの依頼でATIK-16200に
QHY CCDのフィルターホイールとOAGを接続しました。

必要光路長が短い機器を選択した上で,特殊なアダプターを作ったので
ε-130DのM54接続部からの光路長56.5mmを満足しています。

以下は備忘録を兼ねた光路長のメモです。
・タカハシワイドリング:1.5mm
・ワイドリング-OAG接続リング:6.0mm
・OAGユニニット:10.0mm
・フィルターホイール:17.0mm
・フィルターホイール-CCDカメラM54用接続アダプター:1.0mm
・ATIK-16200フランジバック:19.5mm
以上合計:55mm

1.5mm+α(フィルターの厚みによる影響)短いですが途中に調整リング
を入れて調整します。

 
今回のように冷却CCDカメラは接続形状やバックフォーカスなどの都合で
買ったままでは使えない場合があります。
冷却CCDカメラなどをご購入の際は,ショップで今回のような作業を請けて
もらえるか確認されたがいいでしょう。
(当方では今後,接続アダプターの製作や作業はお請いたしません)


記録のために側面,裏面の写真を追加しました。

B1902031


B1902032


|

2019年2月 2日 (土)

GE1414HD赤道儀 出荷前のご確認事項-2

B1902021_2

先日に引き続き日食遠征用GE1414HD赤道儀の出荷前連絡事項です。

日食撮影時は複数の鏡筒を同架しますが一般的には写真のようなツイン
鏡筒に加え,ウエイト側に動画撮影用カメラを搭載されると思います。
極めて剛性の高いGE1414HDならスチルカメラとビデオカメラの混載も
可能です。


2本の鏡筒は光軸を合わせる必要があるのでここで紹介したAP60-19060
同様の光軸調整プレート(AP50-11050?)をオプションとして準備しています。
 

ただ機材重量が増すために,写真の例のように6~7.5cm鏡筒と
300mm程度のカメラレンズなら標準仕様で搭載できるよう変更しました。
裏面からの固定できないだけで基本的な構造はAP60-19060と同じです。

今回は全てこの仕様で出荷させていただきますのでご自身の機材に
マッチしない場合はオプションをご注文ください。
この部分の仕様が決まらずお待たせしてしまいましたので両側のDS38も
お付けします。写真のPENTAX75SDHF程度ならDS38で十分です。

なおPENTAX75SDHF側のDS38は赤緯軸中心にも固定できます。
側面のDS38を利用したガイド撮影用としても便利です。

ご連絡だけなので,この件に対する返信は必要ありません。

B1902022


仕様が変わったので窮屈になりましたがソフトケースで出荷いたします。

B1902023


|

2019年1月31日 (木)

GE1414HD赤道儀 出荷前のご確認事項

B1901315

日食遠征用GE1414HD赤道儀をご注文いただいておりますお客様への
ご確認事項です。

GE1414は日食遠征を主目的に開発した赤道儀なのでコンパクトさと
安定性を重視した設計ですが,星野撮影用としても使って頂きたいので
星野撮影に便利な極軸保持部の延長パーツをオプション設定しました。

写真はこのオプションに切り替えた状態で,フードの先端からボディ
背面まで約300mmのカメラを搭載していますが,この程度なら
どこを向けても干渉せず遠隔撮影に便利です。
(緯度35°では,赤緯軸中心から三脚までの距離は約190mmです。
SP50-15を併用すれば,さらに伸ばせますが重心が北に偏りすぎます)

この延長部はコストも都合もあり,標準仕様の高度・方位調整装置の
一部を入れ替える方式としました。
価格は16,200円で,今月初めにご案内した価格の半額ほどです。
 

ここからが確認事項になりますが,この延長台座は極軸望遠鏡を
組み込めません。
現在、極望組み込みの標準仕様に加え,極軸延長オプションも
ご注文の場合,いずれでも使えるポールマスターアダプター部に
装着する極望(正立像)をお勧めいたします。
追加費用は発生しませんのでご希望の場合はご一報ください。

B1901316

もう一件は専用コントローラーと赤道儀本体間のケーブル長です。
今回GE1414HD専用で製作したMTS-3は軽量でシンプルな接続と
するためにコントローラー側のコネクターを排除しました。
使用目的からケーブル長の標準は120cmとしていますが変更可能です。

B1901317

GE1414HDの販売は終了しております。また今回紹介する極望の単体
販売予定はありません。


|

XY140ポラリエなどでの使用について

XY140は完売しました。多くのご注文ありがとうございました。2019.2.1追記

B1901311

マークX用XY140にポラリエなどを搭載するケースについて補足します。

XY140への赤道儀固定は基本的に上面からM8ボルトで行います。
マークX用としているのはこの部分にマークX専用の変換プレートを同梱
しているためです。


XY140の高度調整部はコの字型の一体構造ですが支点ピンと高度ピン
を外せば簡単に分離できます。
ポラリエやスカイグラフなど底面からUNC1/4ボルトで固定する赤道儀の
場合,下の写真のように内側からボルトで固定できます。
赤道儀の底に傷はつきますがM8タッフ゜を利用して押しネジにすれば
赤道儀の回り止めになります。
XY140は赤道儀に付けたままの運用ですが通常は外す必要はないでしょう。
(ポラリエの写真は机上での撮影のために方位固定レバーを外しています)
 
B1901312


なお,赤道儀底面にUNC1/4(M6)ボルト用タッフ゜が35mm間隔で2か所あれば
以下のようにして2点止めもできます。

B1901313


XY140はPTP-C22の台座をセットしている都合上,1ロットのみの生産です。
PTP-C22も含め本日現在の在庫は4台(保守用は除く)ほどとなっています。
申し訳ありませんが台座確保数量の都合でスカイメモR用XY140の製品化は
取りやめました。ポラリエやスカイグラフと同じ方法で固定できますので
ご了承ください。(ご希望であれば底面に2か所UNC1/4タッフ゜を施します)


なおポラリエ用は試作品がございますのでご希望の方はご一報ください。
裏側からの方位固定機構はありせんがポラリエでの使用では問題ありません。
価格は19,440円で2台のみです。(PTP-C22専用)

|

2019年1月30日 (水)

Mark-X用XY140完成

XY140は完売しました。多くのご注文ありがとうございました。2019.2.1追記

B1901305_2

ここで紹介していたMark-X用XY140が完成しました。
1週間ほど遅れてしまいますがご注文の方へは近日中にお届けします。

このXY140はマークX用と銘打っていますが,Mark-X用のプレートを
取り外せば(M8-PCD35で固定)DS38などのクランプがつけられます。
また高度調整幅はピンの位置を変えるだけで容易に変えられるので
他のポータブル赤道儀でもご使用いただけます。


以下の写真の説明です。(細部が確認できるよう拡大します)

手前右:マークXプレートを取り外した状態で高度固定クランプは左
右奥:マークXに装着した状態で高度固定クランプは右
中央:マークXプレート。XY140に対して中央またはオフセット取付可
手前左:高度調整ピンを0位置にし,DS38を装着した状態
左奥:裏面からの方位固定クランプ(他はクランプを外しています)

クランプの左右は南から見た場合。ご購入後簡単に付け替え可
方位調整は右側(写真のもの全て右側です)で出荷します。
左側をご希望の場合はご一報ください。


B1901306


紹介時点からさらに強度を上げるために可動側を一体構造に変更しました。
高度クランプを締めれば固定側のブロックを強力に挟み込むので,大きさから
想像できないほどの強度を有しています。

本来はポータブル赤道儀での使用を想定していますが,最初の写真のように
10cm屈折でも搭載できるほどの強度です。

一部仕様を変えたためPTP-C22台座を含めた一式の重さは770gになりました。
なお,高度調整範囲は,ピン35度時:10~60度,0度時:-25~+25度です。   

B1901307

Mark-X用XY140はPTP-C22専用なので他の三脚ではご使用いただけません。
XY140,PTP-C22共に極わずかですが在庫がございます。


|

«タカハシ4cmガイド鏡用バンドTB44の限定販売