2018年5月21日 (月)

伝達系の偏心によるPモーション相殺-1ギヤとベルトの比較

B1805211


五藤光学6.5cm赤道儀は両軸全周微動なので自動導入改造に適しています。
基本構造や,ウォーム回りの仕様はマークXと同じなので強度や精度は
変わりありませんが極軸望遠鏡は内蔵されていません。
ポールマスターが使える現在では大したデメリットではなくなり,マークXの
ように分離できない構造のために軽くてコンパクトです。
またモーターをスマートにレイアウトできる構造はマークXにない魅力です。
 

この6.5cm赤道儀は同社のマークXやスカイグラフの標準的な値と変わらず
±10秒角強のPモーションがあります。
充分高精度なのですが,P-2や90Sなどと比べるとやや劣るため伝達系での
軽減を試してみる予定です。
Pモーションは極めて滑らかなサインカーブを描くので伝達ギヤの偏心を
逆手にとった手法でモーションを相殺できるかも知れません。

ギヤ伝達の場合,ギヤの偏心は噛み合いが深くなったり浅くなったりする
ために駆動の進み遅れが発生し,その量は私の経験ではギヤの偏心が
5/100mmほどで10秒角ほどと記憶しています。
位相が180度ズレた位置で故意にスパーギヤを偏心させればPモーションを
相殺するという理屈で初代ATLUX赤道儀でも採用されています。

ただ問題は軸間距離やPECの適応性(この件は別途記事にする予定です)
のためベルト伝達を採用していますがギヤ同様の現象が起きるか不明です。
プーリーの偏心でベルトの張りが変化して同じことになるかと想像しますが。
 

 
前置きが長くなりましたが,ベルト伝達でのPモーション相殺テストを行う前に
ギヤとベルト伝達の比較を行いました。
まずは互いにどのような相違があるかを整理しておきたかったからです。

以下のガイドグラフは同一個体のウォーム軸とモーター軸をそれぞれで
伝達した場合で上がベルト,下がギヤです。
(最初の写真は比較のためにベルトとギヤは別の個体となっています)

ギヤ伝達の場合,アイドラーギヤも含めたギヤの偏心で複数の波が重畳
していますが振幅やモーションの傾向に変わりはないようです。
このデーターを元にベルト伝達でもモーションの相殺が可能か試してみます。

B1805212


|

2018年5月18日 (金)

初代ATLUX赤道儀 自動導入改造終了

B1805152

AGSシリーズを採用した初代ATLUX赤道儀の自動導入改造は終了しました。
2006.4月の開始から今回までの12年間に65台の改造を行なっています。
2013年9月からはモーター回りのレイアウトを改良した新方式に移行しました。


奇しくも最後の1台は未使用で保管されていた個体となりました。
保管中に駆動部は固着してしまい全く動作しない状態でしたが駆動部の
一式交換により高速(最大400倍速)自動導入機として蘇っています。
以下の写真は細部がわかるよう少し大きいサイズで掲載しました。

B1805151


今回,初代ATLUX赤道儀の改造を終了するのはウォームブラケットなどの
改造用品がなくなったためです。

今後のご要望がまとまれば(最低10台)改造用品を作成してTAITAN を
用いた改造(以下で説明)を行えますので,ご希望の方はご一報ください。
2018年末までお受けし,最低ロット数量に達する目処が立った場合に
限りますが2019年に一括受注を行う予定です。

ただ,業務縮小のために今後,K-ASTECとして中型赤道儀の改造作業は
行わない予定です。業務提携先の天文ハウストミタで施行予定です。


今回の改造で初代ATLUX赤道儀も多機能なTAITAN TCSを用いた改造が
可能なことを確認できています。
TAITAN TCSは高速駆動時にモーター供給電圧を30Vまで昇圧するため
500倍速ほどでの高速駆動が可能です。
AGSでは極望の照明回路をAGS本体から供給していますがTAITANの
場合は赤道儀側面のパネルに設ける(簡単な作業)ことで解決します。

なおAGS-1Sを採用した改造は148,000円でしたが,TAITAN TCS仕様の
場合はコントローラー差額分(54,000円)だけアップする予定です。


|

2018年5月13日 (日)

RR-92用Apo Sonnar T*2/135フォーカサー販売

B1805131

ここで紹介していたRR-92対応のApo Sonnar T*2/135(Nikonマウント)用
フォーカサーが完成しました。
指定のNikon D810Aブラケットを装着したRR-92専用で受注生産品です。

ヘリコイド部に装着したバンドの爪部を微動ユニットに通す必要があるため
レンズの装着には若干の要領が必要です。
(専用の取説は附属しませんが,要領はメールでお伝えいたします)
そのために頻繁にレンズを交換するようなご使用にはお勧めいたしません。

ただApo Sonnar用のフォーカサーが目的ならバンド式よりお勧めです。
プレートを含めたバンド一式の価格とRR-92の価格と大差ないため
星景撮影も行われるのであればRR-92+今回紹介するフォーカサーの方が
良いでしょう。


価格は微動ユニットとヘリコイドバンドのセットで10,800円です。
別途Nikon D810(A)用のRR-92(28,620円)が必要となります。
(最初の写真は細部が解るよう少し大きいサイズでアップしています)
 

数がまとまってから製作するので納期は受注後3~4ヶ月ほど要します。
なお本年5月以前の出荷分はフォーカスユニットを固定するための加工が
必要になります。RR-92本体をお送りいただければ無償で加工いたします。
 

別件ですがご要望が多いApo Sonnar T*2/135用バンドと専用フォーカサー
も最後の頒布をお受けしております。
Nikon D810Aの場合は今回のRR-92用をご推奨しますがその他のカメラや
冷却CCDなどとの組み合わせでは必須でしょう。

こちらは5月末までの受注で納品は8月を予定しております。
詳細は以前のご案内を参照ください。(今回分は仕様の見直しがあります)
【最終型の仕様や外観の紹介】
【価格や注文方法など】


レボルビング装置の記事でちょくちょく登場するジンバルフォーク赤道儀です。
やっとモーター部のカバーなどができあがり,残すはアルマイト処理のみです。
PENTAX75赤道儀を改造したものですが,これで星景から135mmまでの星野
撮影をこなせます。駆動用電池や極望の試写照明装置も内蔵しました。

コンセプトはGF50と変わらず,星景~135mm程度までならジンバルフォーク
赤道儀とレボルビング装置の組み合わせがベストと感じています。

B1805132_2

|

2018年5月 8日 (火)

D型赤道儀にスラストベアリングを組み込む

B1805081

D型赤道儀の極軸は1対のテーパーローラーベアリングで保持されていますが
ウォームホイールとハウジング間のスラスト力は赤いファイバーワッシャーで
受けているために強い与圧をかけられません。
ファイバーワッシャーを挟んでいますが与圧をかけようとすると摩擦が大きくなり
クランプフリー回転が渋くなります。

対策としてワッシャーをスラストベアリングに代えれば与圧をかけられますが
見た感じではそのままでベアリングが組み込めそうです。

D型の上位機種の8cm用にはスラストベアリングが採用されているので両機の
ウォームホイールやハウジングが共通ならD型にもそのままでベアリングが
組み込めそうです。彫り込み部の直径や深さも市販のベアリングに合致するので
試してみたら案の定ほぼ無加工で組み込めました。


上の写真の赤いリングがファイバーワッシャーで手前がスラストベアリングです。
ハウジング側にはスラストベアリングの受け側を装着しています。
改造前はファイバーワッシャーがホイールの上面とハウジング間に
挟まれていましたが改造後はスラストベアリングがこの役目を果たします。


下はウォームホイールにスラストベアリングを装着した状態です。

B1805083

なおウォームホイールの経年変化で若干内径を研磨する必要はありました。
下は研磨後のホイールです。

B1805082


与圧の目的は単にクランプフリー回転を滑らかにするだけでなく
ここで紹介したとおり剛性が増します。
また与圧がかけられない赤道儀ではクランプとウォームの相対位置で
ウォームの噛み合いが微妙に変化しますがこれも小さくなります。


与圧とは関係ありませんが,この時代のタカハシ製赤道儀はホイールを
押さえる真鍮版(ハウジング内部の板状のもの)とハウジングの隙間を
鉛棒で埋められています。
クランプを締めた際に軸が微妙に回転するのを防ぐためなので分解時は
紛失に注意が必要です。

|

2018年5月 5日 (土)

RR-92用のカメラブラケットやプレートについて

B1804301

RR-92にカメラを装着するにはカメラボディ専用のL型ブラケットまたは
平なカメラプレートが必要です。

L型か平たい方か,悩むところですが,RR-92で自由に回転できるので
普通に取り付けるだけなら敢えてL型ブラケットの必票はなく写真のような
平たいカメラプレートが便利です。
特にNIKON D810Aの場合はカメラコントロールケーブルを接続する位置
の都合でL型より平らなプレートが使いやすいようです。

ただL型の場合,クランプに固定していない方にガイドカメラを装着できる
メリットがあります。
ガイドやデザリング撮影など行う場合はL型が便利でしょう。


今回紹介するのはNIKON D810A用のMarkins社製カマラプレート
対応するRR-92for P810Uです。
今回のP810U用のリリースでD810A,EOS6DともにL型ブラケットと
カメラプレートを選択できるようになりました。

RR-92対応のL型ブラケット/カメラプレートは以下の5種です。

【NIKON D810A用L型ブラケット】
 kirkphoto社製:BL-D800N
 SUNWAYFOTO社製:PNL-D810R

【NIKON D810A用カメラプレート】
 Markins社製:P810U

【EOS 6D用L型ブラケット】 
 kirkphoto社製:BL-6D

【EOS 6D用カメラプレート】 
 SUNWAYFOTO社製:PC-6DR

以下はMarkins社製P810UとRR-92の接続部です。
シリーズ中では一番スマートです。

B1804302


|

2018年4月22日 (日)

TAITAN TCSを使った自動導入改造の案内

B1804221_2

多機能な自動導入コントローラーTAITAN TCSを使ったNewATLUX赤道儀の
自動導入改造及びNJP赤道儀用自動導入モータードライブ販売のご案内です。

(MTS-3を使ったEM-10/200などの自動導入改造は最新型MTS-3の完成が
遅れていることから受注を休止しております。
当面は今回紹介するTAITAN TCS仕様のNewATLUX,NJPのみの対応です)
 

NewATLUXは赤道儀をお預かりしDCサーボモーターからベルト伝達式
ステッピングモーターへ換装を行います。
NJP赤道儀用はお客様で装着する自動導入モータードライブです。


改造(販売)の受注開始や費用(価格)は以下のとおりです。
【NewATLUX赤道儀】
 ・2018,7月から受注,改造期間約3ヶ月
 ・改造費用:172,800円(税込み,要赤道儀返送送料)

【NJP(J,JPも装着可)用赤道儀自動導入モータードライブ】
 ・2018,5月1日から受注,納期約1ヶ月
 ・商品価格:172,800円(税,送料込み)


以下はNJP用モーターです。ベルトカバーは未装着状態ですが商品には
プレート状の簡易カバーが付きます。

B1804222_2

B1804223_2


写真はステッピングモーター改造評価として用いたNewATLUX赤道儀と
三脚などです。評価が完了したのでご希望の方へお譲りいたします。

ご購入いただきました。:2018.4.24追記

コントローラーは新品のMTS-3またはTATAN TCSをご指定いただけます。
赤道儀本体は程度の良い中古を改造しています。
ウエイトは写真の3個が附属するので重量級の機材を搭載できます。
三脚は2~3度使ったJシリーズ用のJFメタル三脚でNewATLUX用
アダプタープレートが附属します。また写真の80mm用アリミゾ付です。

価格はMTS-3仕様の場合一式で378,000円,TATAN仕様で432,000円です。
別途送料の実費を申し受けます。


|

2018年4月21日 (土)

エルボータイプのハーモニックドライブ赤道儀

B1804211

こちらで頒布案内した日食用軽量赤道儀はこの夏のハーモニックドライブ
入荷に向け詳細設計を行っています。

今回紹介するのは望遠レンズでの撮影が前提となりますがどこを向けても
レンズやカメラが赤道儀と干渉しないエルボータイプです。
3年に2度しか起きない日食に限定するのはもったいないので通常の星野
撮影用のオプションとしてエルボーユニットを設定しました。

なお極軸望遠鏡はエルボーユニットへの装着となります。
エルボータイプの構造を活かし,アングルファインダーとセットした上
完全な光軸調整を行ってから出荷します。
暗視野照明の電源と明るさ調整は本体パネルから行えます。
また延長筒内部はケーブルを通せる構造とするのでケーブルの巻付きを
抑制できます。(写真の試作品はPTP-C22の延長筒を流用しています)


価格はエルボーユニット(肉抜きした極軸保持部+黒の延長筒)のみが
30,000円程度で,極望とのセットは45,000円ほどの予定です。
エルボーユニットは構造上,傾斜角の調整範囲は28~42度となります。
 
 

どこを向けても干渉しないためには使用するレンズの焦点距離やカメラの
構造に見合った設計が必要です。
基本設計はNIKONの300mmF2.8+D810Aの組み合わせで行っているので
この組み合わせなら干渉しません。
緯度33度以上,フードは除く(接触した際に簡単に外れるものの装着を前提)

ただ300mmでは縦構図で北回りで導入する場合にカメラと台座部の隙間が
ギリギリとなるので心配なく使えるのは200mmクラスまででしょう。

B1804213

B1804214


最初の写真は200mmF2のレンズ+ATIK16200の組み合わせですが
ハンドル部がクリチカルとなり当たってしまいます。
対策としては黒い延長部を継ぎ足す方法になりそうです。

なお,背の高い極軸保持部は一見弱そうに見えますが300mmクラスの
レンズ程度なら全く支障なく,さらなる軽量化の余地があるほどです。

B1804212


先の案内では型式を「GE140HD」と呼んでおりましたが
両軸に採用するハーモニックドライブの型番を明確にする意味で
「GE1414HD」に変更しました。(両軸ともにCSF-14-100-2UH-LWを採用)
また駆動モーターの仕様変更により導入速度は対恒星時600倍速になりました。


この赤道儀は極限まで軽量化した日食遠征用として企画したものです。
手持ちの旧型MTS-3コントローラーの活用や製作コストを下げる目的として
賛同される方を募り,その数量分(11台+α)を製作しています。
従いましてGE1414HDの追加受注や今後の頒布計画はございません。
GE1414HDに関する記事はご予約をいただいている方への案内です。

|

2018年4月20日 (金)

震災から2年の南阿蘇

B1804201_3

震災から2年が経ちましたが新しい仕事の打ち合わせで南阿蘇を訪れました。
被災直後は南側のグリーンロードへ迂回していましたが,俵山トンネルが
復旧したためスムーズに行けるようになりました。
写真は俵山トンネル付近からみた阿蘇五岳です。(根子岳は写っていません)


打ち合わせの帰りに立ち寄った「道の駅 あそ望の郷くぎの」です。
mont-bellがある道の駅って珍しいですね。(ここからは根子岳が見えています)

B1804202_3


ここの一角にある震災のため仮設店舗で営業中の「陽気茶屋」さんで
地鶏定食を食べました。

B1804203_2

お昼なのでビアジョッキの中身は水!地鶏が美味しかっただけに
とても残念でしたが↓こんなのを発見して少し嬉しかったです。

B1804204_2

このGWは今回打ち合わせに訪れた南阿蘇ルナ天文台
明日リニューアルオープンする梅園の里の天球館
25年イベントが開催される清和高原天文台などに行かれてみてはどうでしょう。

|

2018年4月17日 (火)

ベルト伝達とプレート式の極軸保持について

B1804171

従来,駆動用モーターとウォーム軸の回転力伝達は平ギヤが一般的でしたが
最近はタイミング(シンクロナス)ベルト伝達が多用されるようになりました。

私の赤道儀改造では,バックラッシュや異物噛み込み時の悪影響低減などを
目的として7年ほど前から一部の機種で採用しています。
当初は耐久性や精度を懸念されるご意見もありましたが最近はベルトの方が
好まれます。
 

また最近は赤道儀の極軸保持を両側からプレートで挟む方法が多くなり
全体としての軽量化に大きく寄与しています。

一見,鋳物やダイキャストで製作されたものと比べると貧弱に感じますが
この部分が全体としての強度に影響を与えることはなさそうです。


強度と軽量化を両立するにはバランスの取れた強度設計が大切です。
事実,写真左のRST400はこの方法を採用していますが,この部分を
鋳物で製作した同クラスの赤道儀に比べ振動も含め劣ることはありません。

最初の写真の五藤6.5cm赤道儀もここで比べた純正状態に比べ1kg以上
軽くなっていますが改造で強度が落ちたとは感じずRST400のような
肉抜きをする余地が残っています。
ベルト伝達とプレート式の極軸保持方法は主流になると感じています。
もちろんRST400もDCサーボモーターとウォーム軸はベルト伝達です。

B1804172

|

2018年4月12日 (木)

ε-130D/180ED用電動フォーカサーのご予約について

B1804121

先日のFSQ-85/106ED電動フォーカサー(TOA-130NFB,150Bも装着可
TOA-130Fは不可)に引き続きε-130D/180EDの紹介です。
FS60CBやFC100DLなどタカハシ製汎用接眼部でご使用いただけます。

ε-130D/180ED用電動フォーカサー一式の価格は52,920円(税込)です。
受注生産で完成は8月の予定です。
引き続きご要望の多いFSQ-85/106ED用も含めご予約をお受けします。
(申し訳ありませんがFSQ-106とTOA-130F用はその後のご案内です)

なおコントローラーはε-130D/180EDとFSQ-85/106EDで共用できます。
モーターユニット単体価格は以下のとおりです。
・FSQ-85/106ED用(Aタイプ)モーターユニット単体価格:18,360円
・ε-130D/180ED用モーターユニット単体価格:21,600円


ε-130D/180ED用は小型化を優先させFSQ-85/106ED用より一回り小さい
ステッピングモーターを採用動していますが高トルクのモーターと
最適化された電流設定(保持時は0.15A駆動時は1.3A)により写真のように
4kg程度の荷重を駆動/保持できます。
実機では余裕をみて2kg程度までのカメラでの運用をご推奨いたします。

ε-130D/180EDなどに採用されている汎用接眼部は片側のみのラジアル
負荷は適しないために両側で張力のバランスをとる方法を採用しました。
タイミングベルトを強く張れるのでバックラッシュを軽減できます。

B1804122


以下はフォーカスコントローラーのモニター表示部です。
低温に強いOELDで,気温,湿度,2系統ヒーターへの出力,カウント数
ステップ送り数を表示しています。
ステップ送りは1,5,10,30,50,100(写真の状態)の6段階で10ステップ当たり
14μmほどの駆動量です。(FSQ85/106ED用は10ステップで7μm)
ステップ送り時もボタンを1秒以上長押しすれば連続駆動になります。


B1804123

ε-130D/180EDやFS60CB用はバックラッシュを抑えるために
以前のご案内した安価なPM型モーターから上位機種と同じハイブリッド型
ステッピングモーター駆動に変更しました。

引き続き週の半分ほどは出張や関連作業が続いております。
メールの回答が遅れる場合もありますがよろしくお願いいたします。
 

|

«スマホで撮ったシリウスの伴星?とサクラ