2019年4月25日 (木)

ワディファームについて

B190425

今回の遠征で滞在した西オーストラリアのワディファームについて紹介します。

写真は夜間の撮影に備え各自が陣取ったところです。椅子や机に加え,写真に写った範囲全てにAC240V電源を供給しているのでパソコンを使った撮影もできます。初日にセッティングし滞在中はずっとこのままで,疲れたら部屋で休めるなど撮影環境は恵まれています。

今回の遠征には天文リフレクションの編集長も同行され特集記事が掲載されています。特にこれから南半球遠征を計画される方には役に立つ情報が満載ですよ。

 

 B1904254

私が初めてワディファームのお世話になったのは2000年の5月だったのでちょうど20年前です。施設内の樹木も大きくなったように感じます。左の建屋が今回渡した泊まった1,2号室で,左がシャワールームなどです。

 

B1904256

前後しますがここがワディファームの入り口ゲート?です。この奥の宿泊施設まで4.8kmあるので歩けば1時間かかる広大な敷地です。敷地内にはプライベート空港もあります。

 

B1904251_1

1,2号室の前に観望用の10.5cm望遠鏡を組み立てたところです。1~4号室はシャワーやトイレはないために共同施設を利用します。5~9号室はシャワー,トイレが完備され快適です。(現在9号室は利用不可)

 

B1904252

ワディでの食事は自炊です。これは初日のバーベキューパーティの様子。

ここは食事が自炊だったり,たまに断水もするなど,生活環境はよくありませんが広大な施設を貸し切り状態で使える環境が好きです。撮影よりも南天の星やおいしいワインを楽しみながら,ゆっくりと過ごす時間に惹かれ度々訪れています。

B1904253

|

2019年4月23日 (火)

GFX-50Rで撮影した銀河中心部

 Dscf1102_3

遠征最終日にGFX-50Rで撮影した銀河中心部です。使用したレンズは23mmなので35mm換算18mmの画角になります。GFXに限らずフジのカメラは赤いガスも写り華やかです。ISO3200,F4で3分露出したJPEG画像1枚のコントラストとカラーバランスを調整し,1/4にリサイズしています。画面下部の光芒は黄道光です。

 

|

2019年4月21日 (日)

REDCAT51用スケアリング調整プレートと前後バランス対策アリガタ

B190421

ここで紹介したREDCAT51用スケアリング調整プレート(メッキ前の製品仕様)が完成しました。タカハシ製ワイドマウント経由でNIKONマウントを装着した状態です。

REDCAT51側がM56,ワイドマウント側がM54で光路長は10mmです。REDCAT51付属のM56-M48接続リング(写真左)より短いため最大バックフォーカスが約6mm延長されます。M54部からは最大64.5mm確保されるため,オフアキシスガイダーの適応も可能です。

REDCAT51は国内入荷後,光軸の確認(必要であれば調整)を行い出荷します。これは光軸上での星像(疑似星を使用)を確認するものですが焦点面のわずかな傾きは検出できません。

REDCAT51のF値は約5なので,焦点面の傾き(=スケアリングズレ)にはそれほど敏感ではありませんが,接眼部,回転機構,カメラマウントなどの公差のために4隅の星像が均一にならない個体も存在します。REDCAT51に限ったことではありませんが,これを可能な限り調整するのがスケアリング調整プレートです。センサーが傾いている恐れのある冷却CCDカメラや,デジタルカメラでも4隅の星像を揃えたい場合には便利なアイテムでしょう。接続がM54なのでタカハシ製アクセサリーが装着できるのも魅力です。

 

次は前後のバランス対策を施したアリガタについてです。

オリジナルのREDCAT51に付属するアリガタはバンドを中央に取り付けられないため前後のバランスがとれません。対策としてK-ASTEC特別仕様品には長いアリガタをセットしましたが,オリジナル仕様をご注文のお客様へは写真のようにほぼ中央にバンドを取り付けられるよう加工したアリガタを添付します。(ご希望の場合のみ)

急な出張のために特別仕様仕様のご予約の方へのご案内が遅れております。数日中にはご案内いたしますので今しばらくお時間ください。

|

2019年4月17日 (水)

特別仕様のREDCAT51 ご予約受付の終了について

B1904171_5

昨日ご案内いたしました,K-ASTEC特別仕様のREDCAT51は多くのご予約ありがとうございました。おかげさまで半日ほどで予定数量に達しましたのでご予約の受付を終了しました。掲載は特別仕様REDCAT51のイメージです。

ご予約のお客様へはオプションの追加も含め改めてご案内いたします。ご案内まで少しお時間いただくことをご了承ください。

天文ハウストミタでも,同色のREDCAT51の予約を開始しました。K-ASTEC仕様同様,210mmのアリガタが付属するので前後のバランスが取れます。全品に検査成績書が添付される予定です。 (2019.4.20追記)

|

REDCAT51の800%拡大星像

B190417

先日から紹介しているREDCAT51で撮影したM8,M20付近を800%拡大した画像です。(画像をクリックすると拡大します)

西オーストラリアの安定したシーイング化で撮影しているので本来の光学性能が発揮され,最小星像はほぼ2pixel以内に収束しているようです。D810Aのpixelサイズから最小星像は10μmを下回っているのは確実でしょう。私の経験ではこれほどシャープな星像を見たのは初めてのようです。

昨日紹介したK-ASTEC特別仕様のREDCAT51は一晩で20台近いご予約をいただき,残りは一桁になっております。

予定数量に達しましたので予約の受付を終了いたします。多くのご予約ありがとうございました。(2019.4.17追記)

 

|

2019年4月16日 (火)

K-ASTEC特別仕様のREDCAT51のご案内

B1904162

今回,REDCAT51を西オーストラリアで使い,改めてその性能に感動したので急遽,K-ASTEC特別仕様のREDCAT51を企画しました。K-ASTEC特別仕様と通常仕様との相違点は以下のとおりです。

・色は鏡筒部が白でアルマイト部が黒です。写真のキャップ類とヘリコイド固定リング,アリガタなどの金色部を全て黒色に変更。

・アリガタは前後のバランスがとれるよう210mmに変更。(標準の110mmではD810Aなどのカメラを装着した場合リアヘビーになるため)

・キャップとソフトケースのロゴはWilliamOptics標準のスワンマークに変更。(キャップにはK-ASTEC LIMITED EDITIONの表記あり)

・ガイドカメラ搭載用として写真のSUNWAYFOTO製アルカスイスクランプ(改良品)と結露防止用のシリコンラバーヒーター(5V2.6W)が標準付属。

・スケアリング調整プレートをオプション設定(10,800円アップ)

価格は税込み83,200円→89,520円(標準仕様+4,200円)(税別価格で計算していたため訂正させていただきました)で納期は7月中旬の予定です。限定30台で,全品入荷後に光学検査を行います。

予定数量に達しましたので予約の受付を終了いたします。多くのご予約ありがとうございました。(2019.4.17追記)

 

以下はREDCAT51で撮影した写真のM8とM20部分をpixel等倍で切り出した画像です。昨日掲載したものと同じショットで D810Aで3分露出したLaw画像をJpegに変更しただけです。 5cmで撮影したとは思えないクオリティの高さに驚かされます。

B1904161

|

2019年4月15日 (月)

西オーストラリア出張から帰国しました。

B1904151

4月6日からの西オーストラリア出張から帰国しました。昨年はサイクロンの影響で天体撮影には残念な天候(昼間は快晴だが夜は雲がわく)でしたが,今回は好天に恵まれました。

写真はREDCAT51F4.9での撮影風景ですが,改めてその星像の小ささには驚かされました。以下は写野中心と四隅の星像で,最小星像はD810Aの2pixelに乗るほどです。(撮影データ:REDCAT51,D810A,ISO3200,180秒露出,JPEG取って出し,90S赤道儀)

B1904153  

REDCAT51は出張中も多くのご予約メールをいただきありがとうございます。星像が小さいために5cmでの撮影とは思えないほどのクオリティが得られます。納品までのお時間いただきますが引き続きご予約の受付中ですのでよろしくお願いいたします。なおスケアリング調整プレートやアルカスイスクランプとのセットは30台限定です。

  

|

2019年4月 5日 (金)

フォーク式のポータブル赤道儀について-1

B1904041

フォーク式のポータブル赤道儀については度々紹介していますが,本日紹介するのはタカハシのPM-1赤道儀をベースとしたものです。

小型赤道儀をフォーク式にした場合,搭載するのはカメラレンズに限定されますが,ウエイトが不要(微調整用に軽量のウエイトを併用する場合もあり)な事や,極付近でも長時間撮影ができるメリットがあります。特に写真のようにレボルビング装置を併用すれば極付近のモザイク撮影時の糊代も最小化でき便利です。

ベースとなるPM-1赤道儀は追尾精度も高いので(過去に複数台を測定した結果はいずれも∔10秒角以下)写真の超広角レンズ~135mm程度までなら完全な追尾ができます。

B1904042  

今回紹介するPM-1赤道儀ベースのように極軸側は既製品を流用したものや,回転ステージやハーモニックドライブを採用ものなど様々なタイプを評価しています。

今回のPM-1用はフォーク側は小型のハーモニックギヤ付きのステッピングモーターを採用した2軸自動導入仕様(試作品)ですが,赤緯の回転部のパノラマヘッドを使用するタイプも計画しています。前者が162,000円ほどで,後者は19,440円ほどです。(いずれもフォーク部のみ,自動導入仕様はMTS-3に加え,PM-1側のモーター換装なども含みます。またいずれも極軸望遠鏡の視野照明装置が内蔵されます)

明日からの西オーストラリア遠征でも同様なフォーク式ポータブル赤道儀で星景写真を撮影する予定です。

 

別件ですが,先日紹介したNANOフォーカサー用ヒーターREDCAT51用スケアリング調整プレートは多くのご予約ありがとうございます。回答が遅れていますが間違いなく対応させていただきますので今しばらくお時間ください。

なおFSQ-85/106EDなど用のフォーカサーはほぼ予定数量に達しました。しばらくメールのご回答ができないため一旦受付を終了します。

|

2019年4月 3日 (水)

海外出張に伴う通常業務の休止について

B190403

4月6日~15日までは機材のテストのために西オーストラリアへ出張します。新たに導入したGFX-50Rや話題のREDCAT51での撮影も予定しています。期間中はメールのご回答や出荷ができずご迷惑をおかけいたします。

写真は昨年の1月に2023/4/20エクスマウス皆既日食現地踏査に行く途中で立ち寄った,Denhamのリトルラグーンで撮ったものです。

|

2019年3月31日 (日)

REDCAT51用スケアリング調整プレート

B190331

引き続きREDCAT51関連オプションの紹介となりますが,今回はスケアリング調整が可能な接続プレート(SAP-RC51)です。

REDCAT51標準状態のM56-M48接続部をスケアリング調整機能が付いたM56-M54に交換する仕様です。カメラ側の接続はM54で56mmのバックフォーカスを確保するので,ε-130Dなどのタカハシ製鏡筒と互換します。写真(試作品) はタカハシのワイドマウントを装着した状態で内側に48φのフィルターが付きます。

先日紹介したアルカスイスクランプ同様に鏡筒とのセット販売のみとなり,スケアリング調整プレートセットは10,800円アップ,アルカスイスクランプセットは4,320円アップの予定です。

実は写真のREDCAT51(白色仕様)は光軸は合っていますがわずかなスケアリングの狂いがあります。鏡筒が完全な場合でも冷却CCDカメラなどではセンサーの傾きも懸念されるため調整機構があると安心です。

|

«REDCAT51ガイド鏡取付け用のクランプ