« 赤道儀の搭載重量表示に思うこと | トップページ | 夏場のMS-5のオーバーホール »

2008年8月28日 (木)

SX-D赤緯粗動部の流用先

B08_08_281_2

昨日のビクセンSX-D(SX-W)用の赤緯回転体をメモPに付けました。
そのままでも良かったのですが,メモPのアームを短く切りつめているので
子午線越えの撮影時,回転体外装のスカート?部がメモPのハウジングに
干渉します。できるだけ干渉しないよう2cm程旋盤で落としました。

やはり両軸がフリーストップで回転できると構図取りが容易ですね。
レンズにレボルビング機能がある場合はそのまま,カメラボディを
固定する場合は別途レボルビング装置を付ければすこぶる快適です。

ところでビクセン規格のアリミゾは小さいのでカメラレンズの固定には
向いていると思いますが,アリガタに締め付け傷がつくのは
気持ち良くないですよね。

そこで工業用のハイロックスクリューと言う先端が回転するネジを
使ってみました。
内部にボールが入っているので締め付け時に先端は回転しません。
これで傷はかなり軽減されるようです。
丁度ボールペンの先みたいな物です。
B08_08_282

|

« 赤道儀の搭載重量表示に思うこと | トップページ | 夏場のMS-5のオーバーホール »

雑感」カテゴリの記事