« SX260赤道儀の自動導入改造 | トップページ | StarlightXpress Lodestarの価格改定について »

2013年2月 7日 (木)

QC45 カメラレンズでのガイド撮影用として

お客様からカメラレンズでのガイド撮影に便利システムはないかとの
お尋ねをいただいておりますので一例をご紹介します。

130207

今回ご紹介するクイックリリースクランプ(QC45)は本来はXY65用アイテムとして
開発したものですが,立てても使えるよう側面に固定用タップを加工しています。

DP65などのアリガタプレートに,一つは通常どおりに,もう一つは縦に取り付ければ
カメラ側とガイド鏡側を入れ替えることで簡単に縦横構図の変更ができて便利です。
通常100mm程度からは構図の縦横を,天の赤経,赤緯に合わせて構図を取りますが
この縦横変換は意外と大変なものです。

QC45を2個使う必要がありますが,従来のアリミゾに比べ価格を1/2に抑えて
いますので総合的にはあまり変わりありません。

・クイックリリースクランプ(QC45)は6,500円

・クイックリリースプレート
 QP45-65 (写真でガイド鏡を固定している長さが65mmのもの):2,500円
 QP45-200 (写真でカメラを固定している長さが200mmのもの):4,500円

写真のシステムの場合
DS65N:13,000円,DP65-150:7,500円
QC45:6,500円×2個,QP45-65:2,500円,QP45-200:4,500円
以上システム合計で40,500円になります。

詳細はXY65のオプションとして紹介いたします。
 


このQC45は45mm幅のQP45を固定します。
エッジ角は75度なのでビクセン規格と同じ構造ですが
QP45を落とし込んで使用できるよう設計している関係上
幅が45mmより小さいアリガタは固定できません。

天体望遠鏡用として販売しているアリガタ・アリミゾは,DS**/DP**の商品名ですが
今回紹介するタイプは,主にカメラ用としての使用を想定しているので
クイックリリースクランプ/プレート(QC**/QP**)と呼ぶようにしました。

|

« SX260赤道儀の自動導入改造 | トップページ | StarlightXpress Lodestarの価格改定について »

QC/QP」カテゴリの記事