« スカイメモ,マークX用XY65復刻販売! | トップページ | SDS38仕様のXY65について »

2016年9月10日 (土)

スカイメモR用オートガイドケーブル

B16_09_101

一連のスカイメモR強化パーツの最後となるガイドケーブルが完成しました。
フォトモスリレーを使った簡単なインターフェースを採用しているため
リチウム電池を内蔵しますが,ガイド信号が入った時しか電池は消費しません。
自己放電期間に委ねられますが10年以上交換不要でしょう。
(写真は蓋を外した状態です。万が一電池が切れたら交換できます)

一連のパーツはPOLE MASTERで極軸設定を行う事を前提としているので
パソコンは必須です。
そうなるとガイドカメラはスタンドアローンよりQHY5LⅡMなどが便利でしょう。


写真はタブレットPCでそれらをコントロールする場合ですが
タブレットPCに電源を供給できるUSBハブを使っています。
写真の例は12Vを供給しますが,モバイルバッテリーを使えば一晩は使えます。

USBハブやモバイルバッテリーは赤道儀の近くに置きハブとタブレット間を
長いUSBケーブルで繋げば車の中からでも操作(監視)できそうです。


B16_09_102


スカイメモR(RS)関連製品の価格と在庫状況は以下のとおりです。
ガイドケーブル以外は完売後の再生産予定はありません。

・POLEMASTEアダプター(PMAD-SMR):7,560円 在庫約40個
・ガイドケーブル(GC-SMR)        :3,240円 在庫約60本(次期ロット予定あり)
・M12-UNC3/8接続ネジ         :2,160円 在庫約10個
・スカイメモ用XY65            :15,000円 在庫約 8個→5個


今回の記事はパソコンを使う事を前提としていますが,近い将来に
空に向けるだけで全自動でキャリブレーションからガイドまで行う
「究極のスタンドアローンオートガイダー」が開発されるような事になれば
ガイド撮影環境は一気に身近になるでしょう。
その日のためにもガイドケーブルだけは継続販売予定です。


|

« スカイメモ,マークX用XY65復刻販売! | トップページ | SDS38仕様のXY65について »

オートガイド/ガイドシステム」カテゴリの記事