« 北アメリカ星雲の季節 | トップページ | 伝達系の偏心によるPモーション相殺-3 効果確認 »

2018年6月 2日 (土)

P-2,90S,EM-100赤道儀の改造予定

B180602_2


先日から紹介していますが現在,集中的に90SとEM-100赤道儀の自動導入
改造を行っています。
90S,EM-100共に注文いただいている分は今月末で全て完成する予定です。


既に案内した内容と重複しますが今後の予定をとりまとめました。

【ハーモニックドラブを使ったP-2赤道儀の自動導入改造】
今月末まで来年実施分のご予約をお受けいたします。
既にご予約いただいている分も含め,施行は2019年夏頃の予定です。
 

【ハーモニックドラブを使った90S赤道儀の自動導入改造】
本日で改造の予約受付を終了いたしました。今後の予定はありません。
本日までにご予約いただいた分は9月完成予定です。
 

【EM-100赤道儀の自動導入改造】
今月末までご予約をお受けいたします。施行は2018末~2019年春の予定。
 

なおその他の赤道儀の改造(ご予約も含め)も休止しています。
販売しているのは,お客様で取り付けいただけるNJP赤道儀用のTAITAN
TCS自動導入コントローラーのみです。


ハーモニックドラブの調達について
現在,ハーモニックドライブの調達に10ヶ月ほどを要すため,ご予約分全てを
一括発注しますが,受注生産品のため発注時点で代金を支払っています。

来年用のP-2と90Sに加え,進行中のGE1414HDを合わせると40台以上に
及ぶため資金運用の大きな負担となり継続が難しい状況です。

ハーモニックドライブ社からの資料によれば設備増強により現在の月産
95,000台から2021年春には200,000台になるとのことで,そうなると納期は
短縮され資金運用上の制約は大きく改善できそうです。
そうなればP-2,90S共に再開できるかも知れません。
 

写真は自動導入改造した90S-GOTOとEM-100です。
90S-GOTOはEM-100に対して一回りコンパクトですが不動点から鏡筒
までの距離が2/3ほどなのでバランスウエイトも軽減できます。

|

« 北アメリカ星雲の季節 | トップページ | 伝達系の偏心によるPモーション相殺-3 効果確認 »

赤道儀」カテゴリの記事