« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月27日 (月)

ε-130D用ASI EAF取付金具について-2

B2004271

先に紹介したε-130D用ASI EAF取付金具の価格と発売時期が決定しました。

ε-130D用ASI EAF取付金具(EAF-MP For E130)の価格は6,600円(税込)で発売は5/20日の予定です。この商品はレターパックライト(送料370円)で発送できます。

EAF-MP ForE130のご使用はTB166NとTP60-152との組み合わせが条件となります。限定商品ではありませんがTB166Nの出荷数量などから1ロット20台の製作です。完売後は長期間欠品する場合もございます。

 

以下はASI EAFにEAF-MP(試作品のため未処理)を装着した状態です。写真のカップリングは商品には含まれません。FS-60CB用で紹介した市販品で個人での入手も可能です。このカップリングはある程度の偏角と偏心を許容します。

B2004272

ASI EAFはTP60-152に設けたM8タップ(TB166Nと重なった部分)に固定します。装着後は接眼部の回転装置は使えなくなるため,1枚目の写真は対策としてカメラマウントのテーパーリグ固定ネジをローレットタイプに交換しています。

B2004273

ASI EAF対応製品は,今回のε-130DとFS-60CB用に引き続き,FSQ-106EDP用を計画しています。FSQ-106EDPは現行のFSQ-106EDから外観が変わるめ鏡筒バンドも含め専用設計となります。バンドやプレートに加え,FSQ-106EDP本体とのセット販売も予定しています。

|

2020年4月20日 (月)

ε-130D用ASI EAF取付金具について

B2004201

こちらで紹介していたε-130D用ASI EFA取付金具の試作品が完成しました。

この金具はε-130D用TB166Nのトッププレート(TP60-152)専用です。従来のTB-166(黒色)には適合しません。

なお,EAFをトッププレートに固定するため接眼部の回転はできなくなります。テーパーリングで接続する冷却カメラはこのリングで回転できますが,DSLRは何らかの工夫が必要です。

 

取付は以下のようにTP60-152のM8タップを利用するためTP60-152への加工は不要です。またキャリングハンドルも併用できます。

現時点では発売時期や価格は未定です。確定したら改めてご案内いたしますのでご注文(ご予約)はその後にお願いします。

当初はカメラの筒部もサポートする計画でしたが,FWとカメラの中心軸にズレが見受けられた事から開発を見送りました。(1mm程度のズレですが回転できなくなるため)

B2004202

|

2020年4月18日 (土)

H-40用XY70-H40ついて-2

B2004181

先日から紹介しているH-40用XY70-H40は,加工が必要なFC-50赤道儀に装着していますが,H-40やスカイキャンサー赤道儀は加工は不要なためお客様で取付できます。

本日紹介する写真はお客様からお借りしたスカイキャンサー赤道儀にXY70-H40を装着した状態(H-40も同様)です。

純正の高度調整部と銘板を取り外した後,極軸南端の飾りリング(黒いキャップをねじ込んだ部分)と極軸ハウジング間にXY70の極軸保持部を挟み込みます。その後3か所の回り止めネジを締めれば強固に固定される設計です。

このスカイキャンサーは旧タイプのAMD-1を装着していますがXY70-H40はXY50-35Hに比べ北側の高度調整ネジとの干渉が起きにくくなっています。また赤緯体には特注のプレートを装着していますが商品化するのも同じようなイメージです。

 

XY70-H40(UNC3/8固定仕様の価格は37,400円)はご予約分のみ製作していますが,ご要望が多いことから10台追加しています。現時点では半数ほどの余剰があります。

B2004182

|

2020年4月16日 (木)

FLI ML16803+CFW4-5の売却について

Ml16803

写真のFLI製ML16803(65mmシャッター+ウインドウガラスヒーター付き)とCFW4-5(50mm角×5枚用)を売却します。

2014.4月に国内代理店で購入後,運用されないまま保管されたものです。(動作確認テストやカメラとFWの接続は行っているので接続に伴う傷はあります)

価格はセットで880,000円(税,送料込)です。ご購入後のフォローはFLI国内代理店の天文ハウストミタで請けてもらえます。お買い上げいただきました。

|

2020年4月15日 (水)

旧タカハシ赤道儀用アングルファインダー接続リングについて

B200415

CANON製アングルファインダーを赤道儀に接続するアダプターリングは,P-2赤道儀用を過去に何度か限定生産しました。P-2の極望はアイポイントが短いために覗きづらいですが一気に解消できる便利アイテムです。

H-40や90Sなどは,P-2ほど覗きづらくありませんが,ご要望が多いことから現在企画しているH-40赤道儀関連アイテムに併せてP-2以外でも使用できる接続リングを準備しています。(写真はFC-50赤道儀にP-2用を仮付けした状態です)

取付可能な赤道儀はタカハシ製鏡筒と同じ接眼レンズキャップ(M35P0.75)が装着できる以下の機種です。

  1. 適合機種:H-40,スカイキャンサー,FC-50,P,P-2,90S,EM-100
  2. 適合アングルファインダー:CANON ANGLE FINDER-Bのみ
  3. 価格:4,440円(税,送料込  複数の場合は4,070円×個数+370円)
  4. 販売数量:限定50台(ご予約いただけます)
  5. 発売時期:2020.6.10

予想を遥かに上回るご予約のため価格を見直しました。4,070円→3,300円(税込み,送料別)です。

アングルファインダーのメリットは楽な姿勢で極軸セッティングができる事ですが,視度調整ができるのも大きなメリットです。

H-40の極望スケールは2重円の外側が1960年,内側が1980年と解りやすくなっています。2020年の今日では,2重円の隙間分を2倍内側に目測延長すれば十分でしょう。楽な姿勢な上,視度調整ができるので目測延長は容易です。

 

|

2020年4月14日 (火)

レボルビング装置RR-92について

B200414

長期間欠品していたRR-92は入荷しました。ご注文のお客様へは本日以降出荷いたします。なお今回入荷した25台は全てご注文(予約)で完売しております。 予約キャンセルのため2台の在庫がでました。完売しました。4.15日追記

今回はNIKON D850クラスのカメラでも使えるRR-92Fも含まれていますが,基本的にカメラブラケットを装着したNIKON D810AとEOS 6D専用です。使用できるカメラが旧型に限定されていることから今回のロットをもって一旦休止します。なお,EOS Raなど新機種用の開発計画はありません。

(RR-92の内側リングはメッキ処理過程で発生したスポット状の色抜けがございます)

|

2020年4月12日 (日)

H-40用XY70-H40について-1

B2004121

ここで受注したH-40赤道儀用の極軸高度方位調整装置XY70-H40の紹介です。

既にご予約をいただいている方への仕様確認が目的です。詳細は個別に案内しますが注文内容に合わせてこれから製作するパーツもあるため,納品は5月中旬の予定です。

(今回のXY70-40Hは既に一部のパーを予約分だけ製作しています。最終的には2台の余剰がでる計算ですが余剰分の販売については数量が確定した時点で案内させていただきます)

 

1枚目の写真はボーグの72FLを搭載した状態です。H-40赤道儀(写真はFC-50赤道儀)をXY70-40Hで補強するのでこの程度の鏡筒なら何の支障もありません。

お客様での対応ができるよう(FC-50は除く)赤道儀への取付方法を試作から変更しました。保持部が南側にシフトしたため低緯度地でAMD-1Nと高度調整ネジの干渉が起きにくくなっています。同時に子午線越えでの撮影継続時間も伸びています。

 

何度も紹介していますがこの記事の動画はH-40に搭載したプロミナー500mmF5.6で180秒露出×40コマ連続写真から作成した動画です。40コマ全てがほぼ完全に追尾しています。

以下はXY70-H40をFC-50赤道儀へ取り付けた状態です。FC-50の場合オリジナルの高度調整部をカットする必要があります。下の写真は試作品用でカットしていますが正規品の場合根本からカットします。H-40とスカイキャンサーはカット不要なのでお客様で取付できます。

B2004122

B2004123

肝心な赤道儀保持部です。極望接眼部の飾りリングを用い極軸体に挟み込む構造です。3か所の固定ネジの併用で完全に保持します。

B2004124

今回は概要の説明です。本体価格(以前の案内から大幅にアップしています)や,H-40,スカイキャンサー,FC-50赤道儀それぞれの対応方法,赤緯部をパノラマヘッドへの改造費用,アングルファインダー接続リングなどについては次回以降に続きます。

なお,試写のボーグ72FLはオプション開発のために入手したものです。不要になったので190,000円(バンドやプレートを含み合計金額の75%)で売却いたします。試写以外は何度か商品撮影に使っただけです。

|

2020年4月 8日 (水)

TB114NやDS75-40Jの限定生産について

B2004081

新型コロナウイルス感染の拡大が止まらず大変な状況になってしまいました。福岡県にも緊急事態宣言が発令されたので,当面は出張業務を控えることにしています。私の業務は,出張以外は通販主体なので影響は少ないのですが,一部の製品では物流停止や遅延のため製品完成に影響が出ております。

 

本日紹介するのはお客様からのご要望で限定製作した114φ鏡筒バンドTB114NとJシリーズ赤道儀対応3インチアリミゾのDS75-40Jです。

DS75-40Jは昨年12月に限定製作しましたが1日で完売したため追加製作しております。TB114NとDS75-40Jはそれぞれ2台の余剰がございます。TB114Nは残り1本に,DS75-40Jは完売しました。(DS75-40Jは天文ハウストミタに残っている模様です)4.11日追記

 

今回の限定品とは関係ありませんが,年度末の整理でDP80-230LとDP80-300が見つかりました。殆どのDP80-230Lはネットオークションで売却しましたがまだ残っているのでご希望の方はご連絡ください。

DP80-230Lは5,000円,DP80-300は7,000円(デモ品は6,000円)でいずれも税、送料込みです。DP80-230Lは1本,DP80-300は新品が2本,デモ使用品が1本です。DP80-300はデモ品も含め完売しました。4/8追記

B2004082

|

2020年4月 2日 (木)

StellaShot2 (GearBox) とMTS-3の接続について

B200402

3月26日にAstroArtsから発売されたStellaShot2とMTS-3の接続確認を行いました。

結論から言えばGearBox経由では正常に動作しません。この件ついては現在AsrtoArts社へ報告し対応を検討いただいております。

なお,MTS-3とPCをUSBケーブル(RS232C→USB変換後)で接続する場合はLX-200で正常に動作します。

(ASI AIR ProではMTS-3は正常に動作することを確認しています)

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »