« 縦横構図切替用L型ブラケット LB38-90の紹介 その2 | トップページ | XY70-H40ほかH-40関連アイテムの状況について »

2020年6月13日 (土)

ASI6200/QHY600用の特注接続リングについて

B2006131

ASI 6200/QHY600(いずれもモノクロ)はASI/QHY共用のタカハシ(M54)及びビクセン(M60/M56)鏡筒との接続用のテーパーリング(TR74シリーズ)を商品化していますが,RH200所有のお客様からのご依頼で専用のテーパーリングを作りました。

FLIのATLAS FOCUSER仕様のRH200ではOAGとの干渉が懸念されたので実機確認しました。

 

このような特注の接続リングは現物合わせが必要となるので当方(またはASI/QHYカメラ供給元の天文ハウストミタ)でASI6200やQHY600を購入いただいた方限定となりますが受注いたします。受注時に対象鏡筒(または接眼部)をお預かりする場合もあります。なおCELESTRON社製鏡筒は対象外です。

手前は同じお客様からの依頼でApo Sonnar135/F2とASI6200を組み合わせるカメラ(販売終了)です。こちらはFFに電動フォーカサーを組み込みます。

 

以下はビクセンM60M/M56Fテーパーリング(9,900円 標準在庫品)でVSD100用F3レデューサーにASI6200MM+OAG+FF(7)に接続した状態と(上下逆となっています),分解状態及び,TR74-M65M/56Fの単体裏表の写真です。

B2006132

B2006133_20200613120501

|

« 縦横構図切替用L型ブラケット LB38-90の紹介 その2 | トップページ | XY70-H40ほかH-40関連アイテムの状況について »

PR」カテゴリの記事