アリガタ・アリミゾ

2017年3月30日 (木)

ロスマンディ規格のアリガタ/アリミゾについて

B17_03_30

現在,ロスマンディ規格としてはアリガタ(DP75-250とDP75-294)のみ
販売していますが,新たにDS75シリーズのアリミゾを商品化します。

第一弾としてタカハシEM-200やビクセンSXPなどとのマッチングが良い
DS75S(写真のレバーハンドル仕様のみ)を4月1日から販売開始します。
価格は税込み15,120円(低頭M8-12,M8-16ボルト各2本付属)です。
赤道儀への取り付けは4xM8P.C.D.35及び1xUNC3/8です。

写真のように,DS75S(写真左)はDS80L(写真右)と比べると二回りほど小さく
重さも半分ほどです。(DS75S:100X110X20,360g,DS80L:150X125X22,680g)
DS45やDS65Nをそのまま幅を広げたイメージで,EM-200やSXPへ
10cmクラスの屈折望遠鏡を搭載するのにちょうど良い大きさです。


今後の展開ですが,ロスマンディ規格のアリガタ/アリミゾを充実し
それに伴い現行のDS80/DP80シリーズは2017年末で販売を終了します。

DS80Lに替わるDS75は6月,DDS80Lに替わるDDS75は8月に発売予定です。
またアリガタは現行のDP75-250,294に加え,DP75-150,DP75-200も
ラインナップします。

なお,DS/DP38,DS/DP45,DS/DP65シリーズは販売を継続します。

|

2016年9月 6日 (火)

SDS38,DP38-190のご紹介-5

B16_09_06_2

SDS38,DP38-190のご紹介は少しあいだがあきましたが,今回はDP38-190への
ガイド鏡取り付けについて。
 

ガイド鏡は鏡筒バンドのトッププレート面に固定する方法が一般的になりましたが
写真のような小口径の望遠鏡や,カメラレンズではトッププレートは大げさですよね。

そこで,これらの鏡筒やカメラレンズには長く感じますが
DP38-190の先端にQHY5LⅡMなどのガイド鏡を固定するスタイルをご提案します。
小口径では筒先側が軽くバランスが悪くなりますがその対策にもなります。
 

従来,QHY5LⅡMを1つのリングで保持する,SR31.7Bを販売していましたが
これはプレートに対してUNC1/4ボルト1本固定でした。
今回DP38-190の販売に合わせ,17.5mm間隔2本でDP38-190に取り付ける
SR31.7B2を準備しています。発売は10月1日で価格は4,860円です。
 

小口径の望遠鏡やカメラレンズでもガイド撮影は必須。
それでも海外遠征時など,余計な物は可能な限り排除したシンプルな
構成を望まれる方にはお勧めなスタイルかもしれません。

以下のように,DP38-190にM6ボルト2本で直接固定できます。
(写真は撮影のために従来のSR31.7Bに加工したものです。
SR31.7B2はバンド幅やスリ割り固定方式を変更します)

B16_091_06


|

2016年8月19日 (金)

SDS38,DP38-190のご紹介-4

B16_08_191

先日発売したSDS38とDP38-190は多くのご注文いただきありがとうございます。

一連の記事はSDS38を中心とした商品紹介になっていますが
これはプレート側は安価で種類が豊富な市販品の使用を想定しているためで
今回はSUNWAY FOTOのDPG-3016との組み合わせ例を紹介します。

P-2赤道儀に搭載したのは前回も紹介した2連カメラ+M-GENの例です。
DPG-3016の両端にSDS38を装着していますがDPG-3016は
長さが300mmもあるのでカメラ2台+ガイド鏡も余裕で搭載できます。

両側カメラの光軸が合わせられるので,同一目標の同時撮影が可能です。
このような構成では,赤道儀に取り付けたアルカスイスクランプは
4~5kgほどを荷重を支えますがSDS38なら,なんの不安もありません。

 

B16_08_192


次は,ポータブル赤道儀の赤緯軸としての使用例ですがDPG-3016は端面に
カメラネジ(NC1/4タップ)があるのでパノラマヘッドやウエイトが装着できます。

両軸ともバランスがとれるドイツ型になるので写真のような望遠レンズでの
撮影も可能でしょう。
プレートが長いのでバランスウエイトが軽減できるのも大きなメリットです。


なお,最初の写真のP-2用AMD-1は限定製作を繰り返していますが
引き続き再販のご要望をいただいております。
25台分ほどの材料を確保できたので,年内の再販に向け準備中です。


|

2016年8月16日 (火)

SDS38,DP38-190が入荷しました

B16_08_151

先日から紹介していましたSDS38とDP38-190が入荷しました。
ご注文いただいていた方へは明日以降順次出荷いたします。

以前の案内と重複しますが価格は以下のとおりです。
・SDS38:9,720円
・DP38-190:8,100円
・PP50-0.5:810円(パノラマヘッドへの傷防止用ステンレスプレート)
なおSDS38とDP38-190は発売記念として,8月31日まで送料は無料です。
SDS38とDP38-190のサイズを文末に表示していますのでご参照ください。
 


SDS38と一緒に写したパノラマヘッドは,SDS38と大きさや強度のバランスがいい
FEISOL社のPB-70とPB-90で,耐荷重はPB-70が19kg,PB-90は38kgです。
PB-70はSDS38の短辺方向が,PB-90とは長辺方向がピッタリ合います。

このPB-70と90のクランプ構造は,回転軸を横から押す一般的な方法ではなく
テーパー構造体をスラスト方向にずらして固定します。
軽い操作で確実に締まりますが,固定に伴う光軸ズレはほとんどありません。


SDS38とPB-90の組み合わせは,ポータブル赤道儀用として最適でしょう。
先に紹介したSDS38の回転ロックネジを使えば固定や取り外しが容易です。
大きさのイメージがわかりやすいように,市販のポータブル赤道儀と同じ
筐体(配線ボックス)に装着してみました。(箱だけのダミーです)

 

B16_08_152


|

2016年7月26日 (火)

SDS38,DP38-190のご紹介-3

B16_07_261

写真は昨日紹介したパーツで補強したスカイメモRに
①FEISOL製パノラマヘッド(PB-70)とSDS38を装着し
②それにSUNWAYFOTO製スライド(DMP-200)の両端に2連カメラを搭載しています。

ここで問題となるのが
①パノラマヘッドの回転固定ノブとSDS38のクランプ部の位置関係(干渉)
②互いのカメラの光軸ズレです。


B16_07_262


SDS38には,この2点を解決するために3カ所にM6の押しネジを装着しており

①に対しては,右上の写真のように任意の位置で(例は90度)固定できます。
中央のUNC3/8でねじ込み後に3カ所の押しネジで突っ張るの方法なので
隙間が生じますが単にねじ込むより強力に固定でき,緩めるのも容易です。

この種のねじ込みで,緩められなくなった経験をお持ちの方も多いと思いますが
この方法なら安心です。傷防止用ステンレスプレート(オプション)も準備します。

B16_07_263

②に対しても①と同じ原理ですが,中央のUNC3/8タップ部を表から
UNC1/4ボルトでルーズに固定し,3カ所の押しネジの締め付け具合で
回転方向と高度方向の微調整を行います。
調整の都度カメラを取り外す必要がありますが簡易方法としては充分でしょう。
これ用として厚手のステンレスプレートも準備しています。

なお,この押しネジ部を裏面から引く方式の光軸調整プレート(AP60-250)も
計画中です。
構造はAP100-300などと同じで,カメラを外さずに裏面から光軸調整が可能です。


1枚目の写真でスカイメモには荷が重いのでは?と感じられるかも知れませんが
極軸保持部の耐荷重はEM-200クラスと思っていいでしょう。
純正のカメラ取付けネジ(UNC1/4)の強度が不安なのでUNC3/8に強化しました。

|

2016年7月18日 (月)

SDS38,DP38-190のご紹介-2

B16_07_18


先日紹介したSDS38はUNC3/8ネジを使ってパノラマヘッドに装着していましたが
開発の一番の目的は,今回紹介するP-2などの小型赤道儀への装着です。
 

328クラスの望遠レンズは,事実上ドイツ式でないと運用できないと思いますが
小型で高精度なP-2や,MS-3N,PENTAX75赤道儀などは最適でしょう。
これらの赤道儀なら,ガイドしなくても328クラスを追尾します。
(スカイメモRは上記の半分ほどの精度なのでガイドなしでは難しいでしょう)


P-2,MS-3N,PENTAX75赤道儀の鏡筒取付け部の直径は60φなので
SDS38の設計ではこれらの赤道儀とのマッチングを考慮し幅を60mmにしています。

DS38を含め一般的なアルカスイスクランプは50mm角なので収まりが悪くなりますが
SDS38は幅が合っているので見た目も綺麗です。
  
P-2やMS-3赤道儀は強度・精度ともに大変優れていますがスタイルも綺麗です。
オプションの開発では美観を落とさないようにすることも重要ですよね。


下の写真は,PCD35アダプター経由でSDS38をMS-3に装着した状態です。
(MS-3用PCD35アダプターは僅かですが在庫ございます)

B16_07_181

 
なお,写真のP-2アングルファインダー用接続リングは完売しました。
お問い合わせいただき申し訳ありませんが再販売の予定はございません。

|

2016年7月15日 (金)

SuperなSDS38

B16_07_151

関連記事で紹介していた大型アルカスイスクランプが完成しました。
商品名はDS38の頭にSuperをつけ,SDS38にしています。
全製品共通ですが,DSはDovetail Saddle,DPはDovetail Plateの略です。
 
 
今回Superと銘打ったのは従来のDS38に比べ二回りほど大きくなっただけでなく
P.C.D.40に配置したM6タップなど,幾つかのアイデアが込められているからです。
それらについては今後紹介しますが,まずはその大きさが解るように現行品の
DS38と並べてみました。
なお,奥のアルカスイス規格プレートは,SDS38と同時発売するDP38-190(奥)と
現行品のDP38-110(手前)です。
DP38-190はトッププレートとしても使えるよう多様な穴やタップを加工しています。
 


B16_07_152

写真は市販のパノラマヘッドにSDS38を取り付け
5kgほどの機材(200mmF2の望遠レンズとQHY16200A)を搭載しています。
クランプのノブが30φと大きいことも相まって328クラスでも不安なく運用できます。
 

詳細な仕様は追って紹介しますが,SDS38とDP38-190の価格はそれぞれ
9,720円,8,100円(税込み)で,いずれも8月の発売予定です。

 
2014年5月に天文用としてのアルカスイスクランプDS38を商品化しましたが
発売後2年間で1,400個ほど出荷し,DP38-110も含めると2,400個に達します。
アルカスイス規格製品は天文用として完全に認識されたと感じていますが
より重量級の望遠レンズや鏡筒を搭載するためにSuperなSDS38を企画しました。


|

2016年5月31日 (火)

カメラ2台を並べて同荷するプレート

B16_05_312

限られた時間内で効率よく撮影するために,カメラ2台を並列に同荷する
プレートを作りました。
個人的には撮影中の組み替えを極力少なくするのが目的ですが
2台同時撮影にも使えます。
予め両側のDS38の固定具合で(パン方向も必要ならシムの併用)
光軸を合わせておけば,2台のカメラををほぼ同軸に合わせられます。
  

プレートはあまり長くすると赤道儀などと干渉するので最低限にして
カメラボディとM-GENの干渉を防ぐために,M-GENは前方にシフトしています。

このプレートは個人的な目的から作ったので商品化の予定はありませんが
8枚ほど余剰があります。
TOMITAのASRTOLABE長穴アリガタプレートとのセットで9,720円です。
(アリガタの内側から,124mm間隔,M8通し穴加工部を利用して縫い合わせ)
M-GENなどをシフトするためのプレートは2,160円です。(写真とは異なります)
  

このプレートの長さは230mmで,以下の位置にM8タップを施しています。
・両端にはDS38などを固定するために光軸方向に17.5mm間隔
・中央部にはM-GENなどのガイド鏡を固定するために長手方向に17.5mm間隔
・アリガタプレートと縫い合わせるための124mm間隔

縫い合わせたアリガタプレートは長穴となっているので
中央部のM8タップ列は裏面からM6ボルトでの固定も可能です。
 
 
同時にPENTAXのMS-3(MS-3n)や65,75赤道儀にDS45(65N)を固定するための
穴加工も承ります。(後加工なので加工部のメッキはとれます)

追加工を行ったDS45(65N)は14,040円です。
一括外注加工を行う都合上,受付は6月30日で締め切らせていただきます。


B16_05_311


|

2015年7月29日 (水)

35mm幅アリミゾ化のご提案

B15_07_291


ビクセンAPモジュールをベースにした,K-ASTECオリジナル仕様の
AP-GOTO赤道儀については,これまでに以下の項目について
紹介してきましたが今回は35mmアリミゾ化のご提案です。

・MTS-3を使ったハイブリッドステッピングモーター駆動
 (12V0.25A駆動,最大600倍速での自動導入,オプションでBluetooth接続可)
・ウエイトシャフト部へケーブル接続をまとめたインターフェースパネルの設置
・15mmシャフト仕様のステンレスウエイト化(1.1kg×2個付属)
・iPhoneのアプリで簡単にセッティングできる極望の採用(連続照明仕様)
・軽量カーボン三脚標準付属(2段仕様も選択可)


B15_07_292

以上に加え今回はアリガタに傷を付けない対策ですが
思い切ってアリガタの幅を35mmにすることで
赤道儀は改造せずにアリガタに傷を付けない押さえピースの取付と
上面からアリガタの落とし込みを両立させました。
 

ピース取付後(DS35化後)は35mm幅の専用アリガタのみの適合となるので
それがデメリットになる場合もあるでしょう。
DS35化はご提案なのでご希望の場合は純正のままでも出荷します。
(DS35仕様と純正仕様の価格は同じです)


B15_07_293

適合する35mmアリガタは,上面の幅が50mmなので鏡筒バンド(TB60~115)や
DS38などがそのまま取付可能です。

上の写真は望遠レンズでのガイド撮影を想定したDP35-220です。
純正仕様からアリガタの幅が8mm小さくなるので中心が4mmずれますが
写真のようにガイド鏡と並列同架する場合は影響ありません。
鏡筒を搭載する場合も僅か4mmなので無視できるレベルでしょう。


今後鏡筒バンドにマッチする,DP35-125などを順次商品化します。
なお,GP赤道儀などに真鍮ピース類を装着すればDP35に対応するので
お客様で装着できるDS35化キットの販売も予定しています。
 

|

2015年5月26日 (火)

DS38,DP38-110こんな使い方も

B15_05_26


3年ほど前に,ポータブル赤道儀の極軸廻りアンバランス対策として
バランスウエイトをつけられる自由雲台(BBH-852)を商品化しましたが
雲台ボール部の加工が難しかったので数十台で生産を終了しました。
その後も時折再販のご要望をいただいたております。

今回紹介するのは,ウエイトシャフトとウエイトをつけたDS38です。
これをカメラボディに固定したDP38-110につけると
BBH-852のような使い方ができそうです。
(少し工夫すれば必ずしもDP38やDS38でなくてもOKです)

向ける方向や構図によってはウエイトがポラリエと干渉しますが
極軸が大きなアンバランスになる南の空の縦構図や(写真の状態)
南北方向が長辺となる構図(夏の大三角など)では有効です。
写真のようの回転軸が独立した自由雲台では
バランスの取れたドイツ式赤道儀のような感覚です。

南の空の横構図や東西方向が長辺となる構図ではウエイトが干渉しますが
この構図では軸廻りのバランスはあまり崩れないのでウエイトを外せば良いでしょう。


先日ご紹介したとおりポラリエは極軸廻りのバランスが取れれば
100mm程度なら安定してガイドできる性能を有しています。
構図によっては邪魔になりますが,簡単で大きな効果が得られると思います。


DS38とDP38-110は天文用のアルカスイス規格クランプ/プレートとして
昨年5月に商品化しましたが,一年あまりで1,000台ほど出荷しました。

このところ,ポータブル赤道儀と高性能カメラレンズを組み合わせて
星座や星景写真を撮られる方が増えていますが
そのようなお客様のニーズに合った結果と感じています。

紹介するDS38につけるシャフトとウエイトは先日紹介した
ポータブル赤道儀用も含め通常商品で販売します。
現在HPを作成中なので完成しだいアップいたします。


なお,以前紹介したポラリエ用の極軸望遠鏡(軸内設置)と簡易赤緯体は
商品化を検討していますが,今回のウエイトとシャフトは
それらが商品化された場合もそのままご使用いただけます。


|