フォーカサー

2017年11月30日 (木)

アルカスイス規格プレート対応電動フォーカサー

B1711291

先日紹介した新規格のアリガタ/アリミゾシステム対応フォーカサー続き
アルカスイス規格プレートに対応する電動フォーカサーの紹介です。
ギヤヘッド付PM型モーターを採用したローコストタイプです。

フォーカスモーターはTB-68ASやTB80ASのトッププレート(DP38-190)で
保持するため側面に張り出しません。
特殊な接続金物が不要なので安価にご提供できます。

FS60CBなどのピントノブはラジアル方向の荷重をかけられないので
モーターとはフレキシブルカップリングで直結しています。
 

以下は開発中の’NanoFocus’フォーカスコントローラーのイメージです。
フォーカスモーターに加え2系統の結露防止ヒーターもコントロールできます。

FS60CB用の場合,フォーカスモーターとコントローラーのセットで45,000円
ほどの予定です。(製品はシルバーの予定)

B1711292


写真のFOA-60とQHY163Mは実際に撮影できる構成ではありません。
FS60CBではガイド鏡がモーターの後方になりますが光路を妨げない設計です。
この構成では鏡筒を90度回転して使用するためファインダーは使えません。
またベース側のアリガタとの干渉を防ぐためモーターを付けない側のピントノブも
取り外す必要があります。
PM型の場合,モーターを装着すると手動でのピント合わせは行えません。
モーターはTB-68AS,TB-80ASに固定したDP38-190にのみ装着可能です。


|

2017年11月28日 (火)

新規格アリガタ/アリミゾシステム対応の電動フォーカサー

B1711281

本年末の完了を目指して新規格のアリガタ/アリミゾシステムへの移行を
行っていますが,そのオプションとして電動フォーカサーも準備しています。

これまではFSQ-85/106EDなどを対象とし鏡筒にフォーカスモーターを
取り付ける方法を採用していましたが,一般的なFS60CBなど80~95φ
鏡筒(タカハシ製に限ります)へも適合範囲を広めます。
FS60CBなど小口径の鏡筒場合は鏡筒にフォーカスモーターを付けると
「取って付けた」ようになりますが,トッププレートにモーターを設置する
ことでスマートな外観となります。

写真はFSQ85EDP用としてTP60-222に装着したフォーカスモーターですが
この方法なら多くの屈折望遠鏡に適合できそうです。

これに併せて新たなフォーカスコントローラー’NanoFocus’を開発しています。
これについては近日中に紹介いたします。
先日から紹介しているQHY163Mや367Cでの撮影には必須アイテムでしょう。

B1711282

新規格アリガタ/アリミゾシステム対応の電動フォーカサーは3タイプの
フォーカスモーターを準備します。

1.FS60CBなど用としてPM型モーターを採用したローコストタイプ
2.FSQ-85/106,TOA130/150用バックラッシュレスTHギヤードタイプ
3.最高級ハーモニックギヤタイプ

価格は,1:15,000円,2:35,000円,3:70,000円ほどを予定しています。
フォーカスコントローラー(NanoFocus)は35,000円ほどです。
当面は鏡筒径68,80,95φのタカハシ屈折望遠鏡及びTOA-130,150用
のみで2018.3月の発売予定です。

|

2017年4月16日 (日)

Apo Sonnar T*2/135電動フォーカサー受注終了

B17_04_161

先日紹介した,Apo Sonnar T*2/135用のフォーカサー(電動ユニットのみ)は多くの
ご注文をいただきありがとうございました。昨日で受付を終了しています。
15,120円と高価ですが超小型のステッピングモーター,樹脂製ギヤ,曲げ金物など
材料費が80%ほどをしめています。
バンド類をご購入いただいているのでギリギリの価格を設定しています。
 

写真のように冷却CCDやCMOSカメラの場合はパソコンの画面をみながらのピント
合わせになりますが,数値でピント位置を変えられる電動は威力を発揮します。

写真は先日紹介した,QHY163MとApo Sonnarの組み合わせですが
自宅の庭先などでHaなどのナローバンド撮影用として楽しめるでしょう。
L画像の取得専用としても便利です。


以下はRST-150Hに搭載した状態ですが,ハーモニックドライブの赤道儀は
両軸ともアンバランスを許容します。
写真のようにオフセットすれば北天でも長時間の撮影が可能になります。

B17_04_162


|

2017年4月 9日 (日)

Apo Sonnar T*2/135用電動フォーカサー

B17_04_091

限定販売した,Apo Sonnar T*2/135用バンドは手動式フォーカサーと
セットでのご注文が殆どでした。
赤ハロの出方を考慮した微妙なピント合わせや,ピント位置の保持用として
お求めいただいたようです。
 

今回紹介するのは,写真のようにApo Sonnarと冷却CCDやCMOSカメラを
組み合わせた撮影では必須と言える電動フォーカサーユニットです。
(写真はQHYCCD製のQHY163Mです)

手動の送りネジを小型のステッピングモーターで駆動する簡単な構造ですが
離れた場所でパソコンのモニターを見ながら操作できるので大変便利です。
 

この電動フォーカスユニット(コントローラーは含まず)は15,120円(税込み)で
販売いたします。(4月15日までの受付で納期は5月末)
フォーカスコントローラーは販売を終了しているので既に当方の商品
(FSQ-106ED用などNFC-KAフォーカスコントローラーを採用したもの)を
所有されている事が条件となります。
手動から電動化へはお客様で容易に行える設計です。


B17_04_092

なお,SIGMA135mm F1.8 DG HSM用のバンド開発に関するお問い合わせを
いただいておりますが,Apo Sonnarのようなバンドは製作しません。
レンズの構造上,バンドを適応できないためですが前玉部をサポートする
リングは技術的に製作可能です。
ただ,カメラボディとの高さを合わせる必要性があるため
NIKON D810A専用で,Kirk社製L型ブラケットの併用が条件となる予定です。

|

2016年4月13日 (水)

BORG 55FL用マイクロフォーカサー(MFA-55FL)

B16_04_131

TB-60/80ASには,プレートなどを固定する平面が3箇所あり
鏡筒の固定,ガイド鏡の搭載に加え,もう一つはフォーカサー用として使えます。

MFA-C40などのカメラレンズ用マイクロフォーカサーは
今まで「手をブルブル震えさせながらピント合わせしていたのが嘘のよう」などと
高い評価をいただいております。
今回,BORG55FLに必要なスペーサーをパッケージして販売することにしました。


レンズによっては赤ハロなどを軽減するために
ピントのピーク位置から僅かにずらした方が良い結果が得られるようです。
マイクロフォーカサーを使うとピントのピークからの移動量を把握できるので
定量的な補正が可能です。ヘリコイドのバックラッシュ量も把握できます。

B16_04_132

BORG 55FL用のマイクロフォーカサーMFA-55FLの価格は7,020円で
TB-60ASとのセットが21,060円(いずれも税込み)です。
60φ鏡筒とM57ヘリコイドDXⅡ(7761)のセットの場合そのまま装着可能です。


実は,既にBORG 71FLでTB-60ASをご使用のお客様から
MFA-C40でバッチリとのレポートもいただいております。
ヘリコイドの撓みからも解放され71FL本来の性能を引き出せたそうです。

MFA-C40をお持ちの方は6mmスペーサーでご使用いただけますが
鏡筒径とヘリコイドが同じであれば他機種でもそのまま使えるようです。

B16_04_133


MFA-55FLを装着した場合,バンドを緩めて鏡筒を回転するのは難しくなります。
対策としては,直角となる2面にDP38-110などのアルカスイス規格プレートを装着し
いずれかをDS38などで保持する事で縦横構図変更を行ってください。
空いた方のプレートにガイド鏡をクランプすればスピーディに切り替えられます。


なお,このフォーカサーは特注でステッピングモーター駆動も承ります。
ただ現在はフォーカスコントローラー(NFC-KA)の在庫がないため
コントローラーを既にご所有,または自作される方のみの対応となります。
この件については後日改めて紹介いたします。

|

2015年9月30日 (水)

VSD100用フォーカサーの最終形

B15_09_301


ビクセンVSD100用3点保持バンドとフォーカサーについては先のブログ
ご紹介していましたがフォーカサーの仕様を見直しております。

3ヶ所保持バンドでドローチューブも保持していますが,先の紹介した方式
(カメラレンズ用MFAと同じ送りネジ式)では,重量級の冷却CCDカメラを
装着した時に,滑りへの不安があったためです。

色々テストしてみましたが,ヘリコイドを駆動するのはこの方法が基本のようです。
以前Tele-Apotessar400mmF4などで採用していますがまた原点回帰ですね。


B15_09_302

ただちょっとだけ進化?したのは手動での操作も簡単に行えることです。
VSDのヘリコイド部がテーパーになっているのでベルトを少しずらすだけですが
使ってみると意外と便利です。
実際は大方のピント位置が決まれば後は電動で操作しますが
システムの組み直し時などピント位置が大きく動いた時に威力?を発揮します。

少し遠回りしましたが,ドローチューブのバンドと併せて理想のフォーカサーが
完成したと思っています。


屈折望遠鏡の場合,温度変化によるピントのズレが著しいので
冷却CCDで撮影する場合は電動フォーカサーは必須でしょう。
夏場にTOA-150で撮影して際は数コマでピントがずれていました。


VSD100用3点保持バンドとフォーカサーは現在販売を休止しています。
今回の記事はご購入いただいた方への情報として掲載したものです。


|

2015年9月16日 (水)

WO製接眼部の電動化とフォーカサー休止のお知らせ

B15_09_16

以前のブログでWO製Star71 F4.9の電動化を紹介しましたが
今回は同社製のフォーカサーを電動化しました。
このフォーカサーはダイヤルゲージが付いていますが,この読みで
モーター1STEP当たり約0.005mm(5μm)駆動しました。
以前のStar71 F4.9と同じ駆動量ですね。
10STEP単位ほどでピント合わせすれば十分な精度が得られるでしょう。


お知らせですが,電動フォーカサーはFSQ-85/106ED用なども含め
当面の間製作を休止させて頂きます。
現時点では再開の時期や対応機種は未定です。
(昨日時点でご予約いただいた方分は休止の対象ではありません)
 

野村様からフォーカスコントローラーをご提供いただき
これまでに百数十台ほど製作しておりますが
赤道儀自動導入改造やオーバーホール(修理)のバックオーダーが
多いことから休止させていただきます。

|

2015年9月11日 (金)

Apo Sonnar T*2/135用MFAの評価

B15_09_11

開発が遅れていたApo Sonnar T*2/135用MFAの評価テストを行いました。
Apo Sonnar T*2/135はヘリコイドが固い上に全長が変化するため
従来方式では若干の不満が残りましたが
送り機構やヘリコイドとの接触方法を見直してやっと目標に達したようです。

構造などについては後日このブログでも紹介しますが
Apo Sonnar T*2/135のバンドをお求めいただいた方へは別途ご案内いたします。
なおこのフォーカサーはバンド専用となっているので他ではご使用いただけません。


B15_09_111


結果を比較するためにSIGMA180mmF2.8も同時にテストしました。
以下の写真は,カメラのモニターを使ってライブビューでピントを合わせた状態です。
左がApo Sonnar T*2/135(EOS60Da),右がSIGMA180mmF2.8(NIKON D810A)です。
何れもF4まで絞り,ISO800,60S露出で,中心の輝星ははくちょう座のγです。
クリックで拡大します。


B15_09_112

SIGMA180mmF2.8はサッと合わせただけですが十分なピントが得られたようです。
やや暗い星ではピントがずれても殆ど色は出ないので
星像が最も小さくなるところに合わせました。

一方,Apo Sonnar T*2/135は赤い星の回りが滲む傾向があったので
ピント位置を変えて撮影してみましたが,その傾向は無くならないようです。
その傾向はライブビューでも感じられましたが
SIGMAと比べる全体的に星が赤く(紫色に)写るようです。


下の写真は一部を500%拡大したものですが
Apo Sonnarは赤い星だけ滲んでいるのでピントの問題ではなさそうです。

B15_09_113_2


何れのMFAもカメラのモニターだけで紹介した程度のピント合わせができます。
私はバーティノフマスクやEOS Utilityっを使った経験がないので
何とも言えませんが,これらを併用すれば
さらに精密なピント合わせができるかも知れませんね。

|

2015年9月 4日 (金)

Apo Sonnar T*2/135でのMFAご使用について

B15_09_041

再開したカメラレンズ用MFAは多くのご注文をいただきありがとうございます。
受注が集中し出荷まで3日ほど要していますがよろしくお願いいたします。


その中で,Carl Zeiss Apo Sonnar T*2/135での使用に関するお問合せを
いただいています。本来カメラレンズ用のMFAは
ヘリコイドの回転が柔らかいインナーフォーカス式のレンズが対象です。

インナーフォーカスで無い場合,回転が固かったり
ヘリコイド部が前後に移動するためご使用いただけない場合もありますが
題記のレンズは問題なく使える事を実機で確認できています。
またSIGMAの70mm1:2.8DG MACROでもご使用いただけます。

ただ Apo Sonnar T*2/135はヘリコイド部が太いので
写真のようにカメラ側を嵩上げするスペーサーが必要です。
写真はEOS60Daの例ですが4mm嵩上げしています。
嵩上げ代はご使用のカメラによって異なるので申し訳ありませんが
ご自身で適当な敷物を準備いただくことになります。
 
  

Apo Sonnar T*2/135は重たいのでL型ブラケットを併用した方が安心ですが
その場合は,以下のようにSUNWAYFOTO社製DMP-100に専用の
MFAプレート(Z40-DMP)を取りつける方法を推奨します。
安定感もあり,縦横構図変更が大変容易です。

DMP-100専用のMFAプレート(Z40-DMP)は取付用インチネジと
調整スペーサーセットで来月からオプションパーツとして販売いたします。
価格は1,620円です。
付属するスペーサーでほぼ全てのカメラボディで使える予定です。
(DMP-100専用のセット品も7,344円で発売予定です)

B15_09_042

なお,現在発売分はI型とZ型をセットしていますが
2015.10月1日からのご注文分はI型とZ型を分離した商品になります。
これに伴いI型仕様(MFA-I40,60,80)は7,560円に
Z型仕様(MFA-Z40,60,80)は7,668円に価格改定させていただきます。


|

2015年9月 2日 (水)

カメラレンズ用MFの適合機種について

Nmfa


今月からカメラレンズ用マイクロフォーカスアジャスター(MFA-C**)の販売を
再開しておりますが,適合機種の選定方法についてご案内いたします。

MFA-Cは様々なカメラボディとレンズの組み合わせに適合するよう
長さの異なる(40,60,80mmの3種)I型とZ型2種のMFAプレートと
調整スペーサーをセットしており以下の取付に対応します。

B15_09_02

組み合わせが多様になりますが,大抵の場合は以下で対応できます。


【三脚台座のない広角~標準レンズ→Z型80mmMFAプレート+スペーサー】

B15_09_022
  
 

【三脚台座付きのマクロや望遠レンズ→I型の40mmMFAプレート+スペーサー】

B15_09_023


紹介したとおり,殆どの場合では
・台座のない広角~標準レンズは,Z型の80mmが
・台座付きの望遠レンズでは,I型の40mmが適合します。

そのために,上記をセットしたMFA-C40/80もラインナップに加えました。
MAFプレートがZ80とI40になりますが価格は他のMFA-C40,60,80と同じです。
 


最終的には上記をご参照いただきお客様で決定いただくことになりますが
I,Z型MFAプレートは単体販売(全タイプ1,080円)も行いますので万が一
適合しない場合でも対処できます。

個人的には,広角~標準レンズの場合,MFAがなくてもピントは合わられると
思います。
MFAを装着すると取り回しはやや窮屈になりますが完璧なピントを要求される
場合には便利です。Zプレートを装着したRR-110との併用も可能です。


一方デジタル設計された高性能レンズではMFAは真価を発揮するでしょう。
特に冷却CCDを装着される場合,電動化したMFAは必須と思います。

B15_09_021

|

より以前の記事一覧