便利アイテム

2017年7月30日 (日)

SP50-15 ツイン鏡筒のバランス対策としても

B1707301

ポラリエフォークの記事では日食撮影のサブとしてもう一セットの追加も
検討しましたが,やはり撮影機材一式が重たすぎる(13kg超)ので断念し
ウエイト側にもう一台サブカメラをつけるツイン鏡筒にしました。
メインがFOA-60で4K動画,サブが300mmレンズで4Kフォトを撮影する
計画です。どちらも振動がないので両立できそうです。

そうなるとメインとサブの重量バランス調整が必要ですが昨日紹介した
SP50-15はザグリ穴とタップ穴を施しているので何段でも重ねられ
今回のような目的にも使えます。今回はメイン側が2.8kg,サブ側が
2.0kgですがSP50-15の2段重ねでバランスが取れています。


B1707302


なおメイン側はウエイトシャフトのねじ込み部に(M12)SDS38を装着しました。
サブ側との光軸はSDS38の標準機能を使って行います。
SDS38は中央のUNC3/8タップをM12用ザグリ穴に加工しており
SDS38の3カ所の押しネジでステンレスプレートを押す設計なので
中央のボルトが緩むことはありません。
3カ所の内1つの押しネジを少し緩めると光軸の回転調整も容易です。

写真の状態でちょうど10kgでサブ機を持って行く場合より3kgほど軽くなりました。

SP50-15は即納できますのでツイン鏡筒のバランス対策として如何でしょうか?
なお昨日の記事で価格を4,320円と記載しましたが3,780円の間違いでした。

B1707303


|

2017年7月29日 (土)

DS38やSDS38用スペーサープレートの販売

B17_07_291

今月初めに紹介しましたように,現在アリガタ/アリミゾや鏡筒バンド及び
トッププレート類を新規格に切替ています。

写真は新たに追加した新規格の125mm鏡筒バンドのTB125NとDP75-152
それとビクセン規格のDP45-152などです。
この例ではアリガタとトッププレートが同じ長さなのでオフセットの必要がない
TSA-120に適合します。
オフセットが必要なFSQ-106EDの場合はDP75-222とTP-152が最適です。
DP45-152はTB125Nなどをビクセン規格のアリミゾで運用するのに便利です。
これらの詳細は後日改めて紹介いたします。
(紹介が遅れておりますが,新製品は逐次在庫状況に追加しております)

 
話が逸れましたが今日のメインはトッププレートにつけたDS38やSDS38を
嵩上げするスペーサープレートのSP50-15です。

主な用途はDS38やSDS38を赤道儀やプレートにつけた際に発生するツマミの
干渉防止用です。
15mm嵩上げされるのでマッチプレートにつけた場合も容易にクランプできます。

以下は傾斜キャリングハンドルとガイド鏡の干渉を防ぐ目的で装着しています。

B17_07_292


SP50-15の価格は3,780円(税込み)送料は180円です。
主な仕様
 ・外形50mm角,厚み15mm
 ・M8のザグリ穴とM8タップ穴(貫通)を十字に35mm間隔で配列
 ・中央はUNC3/8やM10ボルト用貫通穴
 ・付属ボルトは低頭M8-10,M8-16各2本
 *スペーサーなので表面処理はブラスト無しの白アルマイトです。

ザグリ穴はSP50-15を上面からプレートに固定し,その上にDS38を取り付けます。
タップ穴はSP50-15の裏面からもボルトで固定するためのもので
穴加工のプレートや裏返したアリミゾに固定できます。

以下は表と裏の写真です。

B1707293

|

2017年7月27日 (木)

新型のMark-X用パノラマヘッドアダプター

B1707271

2年ほど前に限定製作したMark-X用パノラマヘッドアダプター(PHA)を
再製作しました。
星野や日食撮影用としての要望からで例によって少し余剰があります。
 

このところジンバル雲台にハマっているのでBENROのGHAを使い
日食撮影用の片持ちフォークに仕立てました。

極軸回りのバランスは鏡筒経90φ前後で取れる設計ですが
搭載したPENTAX75SD-HF(鏡筒経75φ)でも支障ありません。
振動を含めた強度は9cmクラスとフルサイズカメラでも全く不安ありません。
ちなみにMX-1,PHA,GHAに三脚(PTP-C2+XY65)含めた総重量は5kgです。
 

基本仕様は前回と変わりありませんが,新型はPOLE MASTER対応です。

B1707272

穴やタップ加工は以下のとおりです。
・両面ともに中央にM10やUNC3/8用10φ穴,周辺4カ所がM8 P.C.D.35
・片面はBENRO PC-1用のM6,もう片面はAPモジュール用のM5穴加工
(GHAは変則ですが中央10φとM8タップ穴に無加工で取付できます)

新型のMark-X用PHAは前作同様10,800円です。
若干ですが,このPHAで使用できるPOLE MASER用アダプター(3,780円)や
未使用のBENRO GHA(21,360円長期保管品のため従来価格の20%OFF)も
ございます。(いずれもPHA同時購入対象となります)


PHAは残り2個になりました。
また,POLE MASER用アダプターは完売,GHAは標準付属のPL-85が
欠品した商品のみとなりました。
PL-85の代わりとしてDP38-110が添付されます。  7/28日追記

 
以下はRR-92装着時です。
重心位置は設計鏡筒経90φと変わらないので完全にバランスがとれます。
(北寄りの構図ではL型ブラケットとPHAの干渉が起きるのでアルカスイス
プレート固定位置を1~2cmほどカメラ側にシフトする必要があります)
B1707273


|

2017年6月12日 (月)

逆?POLE MASTERアダプター

B170612


ハーモニックドライブ赤道儀を購入いただいたお客様からのご依頼で
POLE MASTER接続部に極軸望遠鏡を取り付けるアダプターを試作しました。

通常のPOLE MASTER用アダプターは極軸望遠鏡部にPOLE MASTERを
取り付けるためなので逆アダプターのようなものですね。

試作したアダプター(極軸望遠鏡)は手前の直視型と中央のアングル型です。

アングル型はPENTAX製の天頂プリズムを流用しています。
通常の極軸貫通型と同じように極軸を回転して光軸調整ができますが
中古の天頂プリズムが必要なことや鏡像になるのでパターンと北極星の
位置関係が難しくなります。

一方直視型は一般的なポータブル赤道儀の外付けタイプと同じです。
中古品に頼らす製作できるのでこちらなら製品化できそうです。

ハーモニックドライブ赤道儀は構造上極軸内に望遠鏡を通せません。
観望やM-GENでのガイド撮影ではパソコンが必要なPOLE MASTERは
面倒なので対応を進める予定です。

|

2017年5月25日 (木)

海外遠征時の機材重量軽減対策

B1705251

写真はこの夏の北米日食用として2軸改造したPENTAX75赤道儀です。

一般的に機材重量が制限される海外遠征では重たいバランスウエイトは
代用品になり,代表的な例がバッテリーや砂や水を入れたペットボトルです。

ただ,これらではレンズ交換による微妙なバランスの調整ができないので
写真のような微調整用の補助ウエイトを併用すると格段に便利です。
このウエイトは500gですが便利さの代償と思えば許容できるでしょう。

参考用ですが上記写真の状態で約6kgです。
カメラとバッテリーは含みせんが,三脚やウエイトシャフト,補助ウエイトは
含みます。これに6~8cmクラスの鏡筒を搭載すると一式で8kgほどです。


この500gも省きたい場合はセットカラー(ウエイト下部のリング)がお勧です。
下に写真のように現地で調達したダンベルをウエイトとして代用できます。
(セットカラーは軸径18mmや20mm用が数百円で市販されています)

B17_05_253

B1705258

B1705252

B1705256

B1705257


ウエイトと関係ありませんがAMD-2Nの操作ボタンは照光式を採用しており
バッテリーが接続されていれば,電源を入れなくても点灯する仕組みです。
全天写真などを撮影する時は離れた場所に機材を設置しますが
撮影を行っていないときでもその場所がわかるようにしました。

真っ暗な中では赤道儀をどこに設置したかわからなくなりますが
周りの撮影に配慮すればライトを照らして探せないので採用したアイデアです。

B17_05_254


|

2016年12月24日 (土)

カメラ2連制御基板

B16_12_241

先日紹介した,M-GENでNikonのカメラ2台を制御する基板をケースに
入れてみました。
スカイメモのガイドケーブルより一回り大きいケースですが窮屈だったようです。

この2連シャッターコントロールは,ケース内に電池を内蔵しているので確認用
LEDをつけられます。露出中に点灯するようにしています。
Nikonのカメラは露出中に背面のLEDが点灯しないので
Canonのカメラから移行した場合,戸惑いますがそれを補えるようにしました。

B16_12_242

今回はM-GEN用として作りましたが,下の写真のUSB→シリアル(TTLレベル)
ケーブルを使えば,パソコンから2台のカメラを制御することも容易です。
NikonとCanonのカメラでデザガイドを行った同時撮影などに使えそうです。

B16_12_243


|

2016年12月21日 (水)

タイマーコントローラーの改造

B16_12_211

今まではCanonのカメラを使っていましたが,全てNikonに切り替えたため
タイマーコントローラーをNikon用に改造しました。

Nikon用として同じような機能の商品もありますが,操作に慣れた
Canon純正のTC-80N3が使い易く,無駄するのももったいないですしね。
コピー商品はジョグダイヤルもどき?が使いづらいですが予備用に改造しました。

改造後も以前つけたLEDもそのまま機能します。
(回路上,Nikonのカメラで使った方が明るく点灯します)
 

今回は,Nikon純正のリモートコードMC-22を使いましたが
写真と同じように配線すれば簡単に改造できるでしょう。

B16_12_212
 

タイマーコントローラーの改造ではありませんが,M-GENで2台のカメラを
コントロールする手法のお問い合わせをいただきます。

基本的にはここで紹介したリモートコントローラーで2台制御するのと
同じですが以下は,フォトモスリレーを使い2台を完全に分離した例です。
この回路は元々スカイメモR用のガイド用として作ったものですが
2台のシャッターコントロールでも使えるような回路にしていました。
(単にCOMを分離しただけですが)

フォトモスリレーで完全に絶縁されるので,2台のカメラが
CanonとNikonなど異なったメーカーのボディでも連動可能です。


B16_12_213

M-GENでNikonのD810Aを2台同時制御する場合,前出のリモートコード
MC-22を使い以下のように配線すれば連動します。

B16_12_214

これらの改造はお請けできませんが,ご希望の方へはこの基板をお譲りします。
電池など実装した状態で送料込み1,620円で頒布します。(12/末で受付を終了)
Nikonの場合,写真の配線で動作します。Canonでも同様の配線で動作しますが
実機が手元にないため具体的な接続に関する質問などへはお答えしておりません。

|

2016年6月24日 (金)

限定品の販売について

B16_06_241

このところPole Masterアダプターなどのアクセサリーを積極的に製作しておりますが
いずれも20~50個ほどを1~2回生産する限定品になっております。
(写真中央上段のSP用PCD35アダプターは例外的に200個以上作りました)

ある程度の数量がまとまらないと外注製作できない事や
将来的に販売を継続することは負担になるので
このような販売形態をとっておりますがご理解いただけると幸いです。
これら限定品の在庫(予約残数)はこちらをご参照ください。


先日紹介した,P-2用のアングルファインダー接続リングは本日完売しましたが
今後これらの限定商品の再販予定はありません。

タイミングが合わずに,これらをお求めいただけなかったお客様対応として
ご希望でしたら製作図面(PDF,相ネジが必要な場合あり)をご提供いたします。
単品製作を請けてくれるところへご注文いただくために利用いただけると幸いです。
 

なお,写真左上の,P-2用極軸高度調整ネジはアングルファインダー接続リングと
セットで販売しましたが,単体販売のご要望をいただきました。
材料費の原価は500円ほどですが,手数料と送料を含め1,080円で販売します。
管理の都合で6月末日までの受付とさせてください。
ここで紹介したAP赤道儀でも使用いただけますがその他では未確認です。

販売を終了いたしました。2016.7.1追記


実は,P-2用のアングルファインダー接続リングはJP赤道儀でも使用できます。
若干ねじ込み代が浅くなるので公表していませんが実用上は問題ありません。


B16_06_242


|

2016年6月21日 (火)

P-2用アングルファインダー接続リングの再販

B16_06_21

P-2赤道儀用のアングルファインダー接続リング(M34-M20)は
1年ほど前に限定生産しましたがその後もご要望が多いので再製作しました。
多めに作ったので余剰分(10個ほど)を販売いたします。

---完売しました2016.6.24追記---
 

今回は表面仕上げをP-2赤道儀などの目盛環と同じ化学研磨処理にしました。
当方の商品は一部を除きこの化学研磨処理を施しています。
通常のアルマイト処理に比べ処理費が高くなりますが高級感があります。

価格は前回と同じで4,000円(送料は540円)ですが
今回はご要望のあった手で回せるT字状の高度調整ネジも標準で付属します。

 
このM34-M20接続リングはP-2赤道儀とCANON ANGLE FINDER 「B」のみに
適合します。その他の赤道儀やアングルファインダーには対応しておりません。

また前回のロット(50個)では1件のみでP-2側にねじ込めない不具合がありました。
今回も同じサイズでねじ切りしているので,同様の不具合が懸念されますが
その際は返品対応になる事を予めご了承ください。

なお,HP在庫状況は障害のため昨日から更新が滞っております。

|

2016年6月14日 (火)

MS-3用PCD35アダプターとSP用の再販などについて

B16_06_141

PENTAX MS-3(MS-3n,,65,75でも使用可)用PCD-35アダプターを発売します。

PCD35の位置に,M8タップに加えM6タップも加工しているので
赤道儀に取付けてM8タップ部にアリミゾなどを装着する一般的な使い方と
裏返して鏡筒バンドをアリガタなどへ取り付る際にもご使用いただけます。
(アリガタなどのM8タップや長穴部から,M6ボルトでこのアダプターを固定。
この場合,M6ボルトとM5のナットは別途準備していただく必要があります)
 

また付属するUNC1/4ボルトを裏面からねじ込むと自由雲台などを装着できます。

MS-3用PCD35ADの価格は4,320円(送料540円)で,25個の限定販売です。
ご希望の場合は,投函になりますがご安価な送料(180円)での発送もいたします。

 
B16_06_142


上の写真は同じ目的のSP赤道儀用PCD35アダプターです。
通算で200個ほど販売しましたが,販売終了後も時折お問い合わせを
いただきますのでこの機会に再度販売を行います。


オートガイダーが安価に入手できる現代では,古い赤道儀を再活用するのも
時代の流れかもしれません。はっきり言ってSP赤道儀でも2軸ガイドすれば
8cmクラスでの直焦点撮影も容易です。直焦点撮影のために
流行の極軸のみの赤道儀にパーツを付け加えてドイツ式にしても
赤緯軸電動化のハードルが高いので2軸ガイドは容易ではありません。
さらに言えば2軸ガイドなら,極望のスケールが少々古くても問題ないでしょう。
 

SP用PCD35アダプターはメッキ仕様などを見直し以前の価格の5,400円から
4,860円に変更しました。これも180円の送料でも送れます。
発売は7月でMS-3用と同じく25個の限定になります。(価格は全て税込み表示)


下の図は開発中の大型アルカスイス規格クランプです。
現行のDS38を二回りほど大きくしており,小型赤道儀への装着を想定しています。
今回紹介するアダプター経由でMS-3やSP赤道儀装着すれば
豊富なアルカスイス規格製品での運用を可能にします。
 

このアルカスイス規格クランプはビクセン規格対応のDS45などと同じように
アリガタと3点で接触する理想の形状です。
締め付けハンドルも30φ(DS38は20φ)の大型ノブを採用し,この夏発売です。

B16_06_143


|