海外遠征

2019年4月27日 (土)

ワディの撮影機材(架台など)について

B1904273

海外遠征で一番の問題が機材の重量制限ですね。現在,私たちが利用するシンガポール航空では預け入れが30kg(エコノミー)までです。以前は20kgだったのでずいぶん楽になりましたが,それでも赤道儀や三脚などを含めるとかなり制限されてしまいます。

以前の20kg時代は行きの重量チェックは厳格でなかったので40kgほど持ち込んでいましたが帰りのパース空港のチェックは厳しいので赤道儀など重たいものはパースの倉庫に預けて帰るようになりました。

そうしているうちに現地に預けた機材は次第に増え,90S赤道儀が3台,GP-D,SP-DX,スカイメモが各1台になっています。(一部は他のメンバーの所有品)これらの三脚やバランスウエイト,延長ケーブルなどの電源周りを加えると100kgほどになるでしょう。これらの一部は共用機として開放しますが,写真は到着した日の午後に整備しているところです。

B1904272

これは今回の90Sを使った撮影風景です。先日紹介したPENTAX105SDHFも搭載しました。二日目は強い風でしたが大きな影響もなく撮影できたのは90Sのおかげです。構造上自動導入はできませんがメジャーな天体ならカメラのファインダーで導入できるので支障ないでしょう。今回はハンドコントローラーさえも使わずクランプを緩めて手動で導入していました。

今回,新たにAMD-2で2軸電動化した90Sをもう一台投入する予定でしたが,共用機は自動導入仕様が好まれるので見送りました。(その代わりPENTAX105SDHFと10kg分のバランスウエイトを投入)次回に自動導入仕様のEM-100を持ち込む予定です。

このために不要となったAMD-2仕様の90S赤道儀を売却します。AMD-2を装着した赤道儀本体(グレーのソリッド,程度は並み,追尾確認済,オーバーホール済)と三脚架台、ウエイトシャフトが付属します。(三脚とウエイトはなし)価格は消費税,送料込みで150,000円です。極望のレチクルは古いままですがご希望の場合は15,000円で最新(1985-2015)に交換いたします。

ご購入いただきました。2019.4.28追記

|

2019年4月25日 (木)

ワディファームについて

B190425

今回の遠征で滞在した西オーストラリアのワディファームについて紹介します。

写真は夜間の撮影に備え各自が陣取ったところです。椅子や机に加え,写真に写った範囲全てにAC240V電源を供給しているのでパソコンを使った撮影もできます。初日にセッティングし滞在中はずっとこのままで,疲れたら部屋で休めるなど撮影環境は恵まれています。

今回の遠征には天文リフレクションの編集長も同行され特集記事が掲載されています。特にこれから南半球遠征を計画される方には役に立つ情報が満載ですよ。

 

 B1904254

私が初めてワディファームのお世話になったのは2000年の5月だったのでちょうど20年前です。施設内の樹木も大きくなったように感じます。左の建屋が今回渡した泊まった1,2号室で,左がシャワールームなどです。

 

B1904256

前後しますがここがワディファームの入り口ゲート?です。この奥の宿泊施設まで4.8kmあるので歩けば1時間かかる広大な敷地です。敷地内にはプライベート空港もあります。

 

B1904251_1

1,2号室の前に観望用の10.5cm望遠鏡を組み立てたところです。1~4号室はシャワーやトイレはないために共同施設を利用します。5~9号室はシャワー,トイレが完備され快適です。(現在9号室は利用不可)

 

B1904252

ワディでの食事は自炊です。これは初日のバーベキューパーティの様子。

ここは食事が自炊だったり,たまに断水もするなど,生活環境はよくありませんが広大な施設を貸し切り状態で使える環境が好きです。撮影よりも南天の星やおいしいワインを楽しみながら,ゆっくりと過ごす時間に惹かれ度々訪れています。

B1904253

|

2019年2月21日 (木)

フォーク式のポータブル赤道儀

B190221


4月の西オーストラリア遠征用として片持ちフォーク式のポータブル赤道儀
(自動導入仕様)を作っています。
基本構成は機材テスト用として屋上に設置しているものと同じで極軸側が
回転ステージの流用,赤緯側がハーモニックドライブモーターです。
重さは約5kgなのでポータブル赤道儀としては限界に近い重さでしょう。

この赤道儀は写真の200mmF2~300mmF2.8クラスを搭載するものです。
この程度のレンズならどこに向けても干渉せず,南天の極付近の長時間
撮影にとしても便利です。
 

フォーク式の場合,極軸に大きなモーメント荷重がかかります。
カメラとレンズの重さが5kg程度なので,極軸側にかかるモーメント荷重は
フォークの重さなどを加えると2kgfm(30cmの位置に7kg)ほどになります。
写真の回転ステージでは少し荷が重いため,本意ではありませんが
ウォーム軸とホイールのかみ合いを少し緩く調整して対処しています。

一方,赤緯側はハーモニック減速機付きの2相ステッピングモーター
(PKP262FD15AW-H100S,許容モーメント荷重約10Nm(1kgfm))を
使っています。
このモーターの軸受けは4接点ボールベアリングなので同サイズの
クロスローラーベアリングを使ったハーモニックドライブに比べると
1/3~1/7ほどの強度しかありませんが,赤緯側に掛かるモーメント
荷重は0.75kgfm(15cmの位置に5kg)なので何とか許容値内です。

|

2018年1月22日 (月)

南天でのハーモニックドライブ赤道儀テスト

B1801221

出張のもう一つの目的はハーモニックドライブ赤道儀(以下HDEQと略)を
西オーストラリアへ持ち込み南天での各種動作や追尾テストです。
テスト用としてCRUX170HDが3台,CRUX200HDAが1台,それにお客様の
CRUX170HDが1台,合計で5台のHDEQが集結しました。
(写真はテスト用を3台並べた状態で,撮影用は別のエリアに設置)


夏場の西オーストラリアはシーイングが極めて良いのでHDEQ本来の追尾
状況が確認できます。
韓国や日本の空はシンチレーションが±2秒ほどあるのでその環境下では
追尾の振れがシーイングなのかHDEQの影響なのかを見極めできません。

また,CRUX用のスタンドアローン自動導入コントローラーTITAN TSCの
南天での実機試験やPEC機能の評価も行いました。
北天でもシミュレーションできますが実際に南天で行えば予期せぬ不具合も
洗い出せます。
ちなみにTITAN TSCは観測地を設定すれば北天/南天の追尾方向は
自動で切り替わります。

一枚目の写真は,手前から動作や PEC確認のためのFC50+CRUX170HD
中央が長焦点オフアキガイド確認用の25cmダルカーカム+CRUX200HDA
奥がFSQ-106ED+CRUX170HDです。(以下も含め写真は拡大します)

 
これらのテストの立ち会いは商用電源が得られるワディファームで3夜予定
していましたが悪天候のため最終日の金曜日だけしか行なえていません。
私の撮影もあったために詳しい結果は後日確認しますがCRUX200HDAの
OGA結果は±1秒角以下,170HDのPEC追尾は±3秒角ほどのようでした。
(私が実際に確認したときは大マゼラン星雲の撮影中だったので赤道付近
ではもう少し大きくなるかと思います。
韓国からはサイクロンの影響がなかった2日前からと私達が帰国後に
さらに2日滞在しているので多くのテストを行っています)
 


以下は25cmダルカーカム+CRUX200HDAとFSQ-106ED+CRUX170HDの
アップです。この25cm鏡筒は鏡筒バンドなどのパーツを取り外すと7kgほど
になり機内に持ち込み運んだそうです。(サイズ上は少しオーバーしますが)


B1801222

B1801223


|

2018年1月21日 (日)

西オーストラリアから帰国しました

B1801211


先ほど西オーストラリア出張から帰国しました。
本来なら大陸の西側に位置する西オーストラリアは乾燥した晴天が
続く季節ですが,サイクロンで降った雨の影響か昼間は快晴にもかかわらず
夜になると曇る日が続き天体写真撮影には残念な結果となりました。

オーストラリア北部のダーウイン付近で発生するサイクロンは
パースへ来る事は滅多にないそうですが,ちょうど私達が到着した日に
サイクロンもパースへ来てしまいました。
サイクロンが去った月曜以降も夜になると雲が涌いたようです。
 
 
写真はパースの北1,250kmのエクスマウスへ移動する道中で撮りました。
木星付近などに雲が残っていますが貴重な晴れ間でした。
昇る夏の銀河からアンタレス~木星方向に伸びる光芒は黄道光です。
 

下の写真はエクスマウス北部の展望台から撮影した風景で
この展望台も2023.4.20に起きる金環皆既日食の皆既帯に入ります。
今回の出張はこの日食地の下見が第一の目的だったのでキャンピングカーで
現地入りしましたが交通手段や宿泊先の確保など難題が多いようです。
パース発の洋上観測ツアーが出るようであればそちらを選択した方が賢明と
感じました。


B1801212

|

2016年3月31日 (木)

PoleMaster南天での極軸合わせについて

B16_03_310

このところ,GWにオーストラリアなどへの遠征を計画されている方から
PoleMasteによる南天での極軸合わせのご質問をいただいています。

南天での極軸合わせについては過去に何度も紹介していますが
それは極軸望遠鏡を使った場合の話であって
PoleMasterについては南天で実際に使ったことはありません。

以下は極軸望遠鏡での経験から想像するコメントになりますが記してみます。
 

上の写真(拡大します)は南の空を広角レンズで撮影したものですが
この写野内に極軸あわせに使う「はちぶんぎ座の台形」が写っています。
「みなみじゅうじ座」と小マゼラン星雲を結ぶ線上で樹木の上にありますが
全くと言って良いほど目立たず,どの星を繋いでも台形になりますよね。

PoleMasterを使う場合でも,極軸望遠鏡を使う場合と同じように
台形を見つけ出す必要があるのですが
PoleMasteは極軸望遠鏡よりずっと暗い星まで写るので
見極めができないと極めて難しいかと思います。


その台形の見極め方法ですが,下のように「台形のとがった底辺」は
小マゼランの直ぐ近くにある球状星団のNGC104を向いていることです。
それと,何度も紹介しているように,台形にはVの字状に並ぶ星があることで
この2点に注意すれば台形を見いだせます。
また示したように,三角形に並ぶ星も目立つのでこれも目安になります。


B16_03_312

結局のところ,PoleMasterを使っても上記の予備知識がないと据え付けは
難しいと思いますが,逆に言えばこれが解っていれば極軸望遠鏡で事は済みます。
左上に延ばした黄色い線の近くに南の極があるためです。
(ご要望があったので南の極を緑色の十字線で書き込みました。
近くで三角形を形成する恒星は暗いのですが極望で確認できます)


今はスマホを使えば極軸の方位や高度(傾斜)は概ね合わせられるので
大変便利です。
この状態で極望の視野やPoleMasterの写野に台形は入るので
上記の予備知識+スマホがあればまず大丈夫でしょう。

上記を参考にしてPoleMasterに写った星の中から台形を探し出せれば
このようにしてセッティングできます。

上記で紹介したPoleMasterの画面には概ね以下の写野が写っていますが
ゲインを調整すればこのように見えるかも知れません。(追記しました)

B16_03_313_4


|

2016年3月 6日 (日)

明日からインドネシア日食遠征です

B16_03_06

いよいよ明日7日からインドネシア日食の観測に出かけます。
ジャカルタ経由でテルナテ島に入りますが,2泊5日の弾丸ツアーです。

午前中までお客様の機材対応などに追われていましたが
先ほどからパッキングしてやっと一息ついたところです。

 

今回は強行ツアーなので,機材は最小限にとどめました。
写真ように,改造したPENTAX75赤道儀にFC60(6cmF8.3)を搭載し
三脚は初代PTP-Cカーボンです。これでトータル5.7kgになります。

今回のツアーは46kgまで預けることができるので
動画用にもう一組持って行こうかとも思いましたが
結局は今までの遠征で一番軽い機材になりました。
それでも,預け入れが約20kg,機内持ち込みが6kgほどになります。

日食は動画がおもしろいのですが
知り合いのプロカメラマンが4K動画で撮影し,映像はライブ中継されるそうです。
既に撮影機材と赤道儀2セットを持ち込まれているようですが
動画はプロの映像を見せてもらうことにしました。


PENTAX75赤道儀は度々紹介していますが日食遠征には最適でしょう。
ちょうど2軸ガイド改造で多くの赤道儀が集まっているとこです。
手持ちも含め記念撮影しましたが,この内1台は本日お客様へ納品しました。

B16_03_012

以前も紹介しましたが,写真のように赤経モーター取り付け部の加工や
極軸の高度を微調整する機構を追加するので大変な手間がかかります。
現在これらの改造はバックオーダー対応のため新規の受注は休止していますが
バックオーダーの解消には年単位の時間が必要になりそうです。

B16_03_011


|

2016年3月 2日 (水)

海外遠征に伴う休業のお知らせ

B16_03_02

3月6日(日曜日)~12日(土曜日)まで海外遠征のため休業いたします。
期間中はご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いします。

期間中は皆既日食観測のためインドネシア(テルナテ島)へ遠征します。
この時期インドネシアは雨期なので,比較的条件の良いテルナテ島を選びました。
それでも皆既日食を見られる確率は30%ほどでしょう。

写真はもっと条件が厳しかったイースター島日食(2010年7月)のものです。
前日まで豪雨でその後も時折小雨でしたが皆既直前に晴れ間が広がりました。
写真は皆既直前ですが雲は写真左側から右に流れていたので雲に邪魔されず
きれいなコロナが見られました。

2009年の南オーストラリア日食も奇跡的に皆既直前に太陽が顔を出しましたが
2008年の新疆ウイグル日食では逆に通過した雲に邪魔されました。
この日食の晴天率は大変高かったのですが,このようなこともあるので
結局はそこに行くしかなさそうです。

ちなみに私の日食遠征は1991年のハワイ日食が最初で
今回で8回目の挑戦です。過去の勝敗は4勝2敗1分なのでまずまずでしょう。
(少しだけコロナが見えた新疆ウイグル日食は引き分けとしています)


B16_03_021


|

2015年3月22日 (日)

南天でのイメージ

B15_03_22

南天で極軸望遠鏡の視野をカメラで撮影する場合のイメージを作ったので
私自身の備忘録としてアップしておきます。

はちぶんぎ座のσ星(V字の付け根の星)の極からの離角は
約1度(60分)なので紹介するパターンがわかりやすいようです。

以下は実際に撮影した写真にパターンを書き込みました。
(少しずれもあるので,後で写野を広くした写真に入れ替える予定です)

Seizu_2

|

2014年5月 4日 (日)

2014 南天星見ツアーの結果-速報

B14_05_04

撮影データ
EOS 5DM2(IRカット改造)CANON EF8-15mmF4開放 8mmで撮影
ソフトフィルター使用,ISO1600 180秒×1枚
H-40赤道儀(改造)+AMD-1で自動追尾 クリックで拡大します。
(写野右下の赤い光芒は何らかのゴースト)

4月26日に出発した南天星見ツアーから本日帰国しました。
今回初めてツアーを企画しましたが無事に終えてホッとしています。

一番心配した天候は,現地入りした27日はスコール混じりの雨天でしたが
翌日から回復に向かい,2夜は一晩中快晴でした。
この時期の西オーストラリアの天候からみれば平均的な結果でしょう。


速報として紹介する全天写真は深夜3時(現地時間)の空です。
この時期は薄明前に天頂に昇った銀河系中心部見られます。

西オーストラリアは夏場の1~3月の方が晴天率は高くなりますが
この頃は夜明け前でも銀河中心部は天頂に達しないので
天候と銀河の兼ね合いから過去も4~5月に遠征しています。


写真には土星や火星も写り大変にぎやかで
左下の南十字~右上のはくちょう座まで写っており,天頂はいて座です。

今回は写真の下に樹形が目立つ木を配置した上で
カメラをレボルビングして銀河が斜め45度に写る構図とし
実際に見たイメージに近くなるよう少しだけ処理しました。


|