CCDカメラ

2017年2月16日 (木)

QHY16200Aタカハシ接続アダプター

B17_02_161

QHY16200Aをタカハシ鏡筒に接続するM54アダプターを製作しました。
FSQ-106ED(645RD併用)やε-180EDなどバックフォーカス56mm用です。
CAリング(M54ワイドマウント)とバックフォーカスを合わせています。2/17追記

QHY16200AはOAG使用時でも,フランジバックが44mmと短いので
56-44の12mm間隔にスケアリング調整機構も組み込めます。

構造上の制約で,さすがに冷却CCDカメラをつけたままでは
スケアリングの調整はできませんが,鏡筒との接続部(M54)は
テーパーリング式なのでカメラを回転せずに分離できます。
冷却CCDの場合,パソコンとの接続を保持したまま(電源やUSBを接続)
でないと不便ですが,ねじ込み式では不可能です。

B17_02_162

なお,バックフォーカスの56mmは,NIKONのカメラレンズを装着して計測した
値(ピントリング∞位置で合焦した位置を46.5mm)を基にしています。
光路上にフィルターや保護ガラスが入るため,光学上の光路長と物理的な
距離は異なりますがこの方法なら正しく合わせられるでしょう。

なお,スケアリング調整部で+1mmの調整代があるので
実際は0.5mm短く製作しています。55.5~56.5mmで調整可能です。

このQHY16200Aタカハシ接続アダプターは余分に製作したので5台ほどの
余剰があります。価格は15,120円(税込み)です。
(写真のFC100DL+35RDは参考用でバックフォーカスは56mmではありません)
FC100DL専用のCAリング側でM54ネジからのバックフォーカスが
56.5mm(10+46.5)に設定されているので,FC100DLでもそのまま使えます。
ワイドマウントを使ったM54ねじ込み接続であれば他機種でも同様です。
2/17追記

|

2016年11月11日 (金)

MAMIYA-APOレンズとQHY16200Aのセット

B16_11_11

先日から紹介しているハーモニックドライブ赤道儀のガイドテストで使っていた
MAMIYA-APOレンズとQHY16200Aに電動フォーカサーを組み込み完成しました。
次の南天遠征の候補なので備忘録として残しておきます。

他の焦点距離も使えますが,今回は写真は500mmF6をセットしました。
ナローバンドで撮ってみたい対象(ηカリーナやタランチュラ星雲)は
500mmほどの焦点距離は欲しいので,このレンズをセットしましたが
両対象は明るいので充分でしょう。

このセットは以下から構成されていますが,一式でちょうど5kgなので
FSQ106EDなどでセットする場合の半分ほどです。
これなら赤道儀などは現地に置いているので気軽に持って行けそうです。

・MAMIYA K-500mmF6 APO/L(TB-90,アルカスイスプレート)
・レンズヒーター(本来120V75W仕様ですが,12V→30V昇圧で使い約5Wの発熱)
・PENTAX645ヘリコイドを改造した電動フォーカサー(スケアリング調整付)
・オフアキシスガイド(QHY5LⅡMで実用可)
・乾燥空気取り入れニップル
・QHY16200A冷却CCDカメラ
 
 

QHY16200AにUSBハブやRS232Cコンバーターを内蔵しているので
パソコンとの接続はUSBケーブル1本で済みます。
また,12V電源の出力もあるので,フォーカサーやヒーターにも供給します。

そのため,赤道儀周りから外部に伸びるケーブルは以下の3本です。
1.赤道儀駆動用12V電源
2.QHY16200A用12V電源
3.QHY16200Aとパソコンを接続するUSBケーブル


以下の6本は赤道儀やカメラ間での接続となります。
1.赤道儀自動導入用RS-232C(QHY16200A←→赤道儀)
2.オートガイド信号(QHY5LⅡM←→赤道儀)
3.オートガイダー用USB(QHY16200A←→QHY5LⅡM)
4.フォーカサー用USB(QHY16200A←→フォーカサー)
5.フォーカサー用電源(QHY16200A←→フォーカサー)
6.ヒーター用電源(QHY16200A←→ステップアップ→ヒーター)

全て接続した状態で画像へのノイズなども含め異常が無いことを確認できています。
いつもの事ですがここまでが一番楽しい作業です。

|

2016年10月31日 (月)

乾燥空気発生装置(DAG)の実力

B16_10_312_2

2晩連続で先日紹介した乾燥空気発生装置やオフアキのテストを行いました。

初日は湿度が低かった事もあり乾燥空気を送らずとも結露しませんでしたが
昨夜は湿度が高かったせいか性能を評価できる試験ができました。

故意に(高湿度下で乾燥空気を送らずに急速に冷却)ウインドウガラスを
曇らせた後,乾燥空気を送ればどの程度の時間で乾かせるかを試しました。
撮影しながらの確認ですが,60秒毎の露出に対して2枚目からは
楕円形の曇りは写らなくなったので短時間で乾燥したようです。
 

乾燥空気発生装置(DAG)の受注は既に終了しましたが
このテストはDAGをご用命いただいた方への情報を目的としています。
冷却前から乾燥空気を送れば結露が発生しない基本的な性能は
開発段階で確認していますが,カメラレンズ面と並列送気の効果や
一旦結露してしまった場合でも効果があるかをテストしたものです。

B16_10_313


ところで,撮影後に赤道儀の電源を切り忘れる事があります。
フォーク式なのでカメラを取り外していれば事故にはつながりませんが
極軸は何日も回ったままなので,赤緯のモーターケーブルが捻れてしまいます。
対策として,写真のように西の地平線以下で駆動を止めるスイッチを付けました。
原始的なメカ式のスイッチですが直感的でわかりやすいです。

|

2016年10月29日 (土)

QHY16200Aの結露防止テストほか

B16_10_30_2

今日の九州北部は抜けるような青空が広がっています。
一年を通して新月期の土曜日にこれほどの天気に恵まれる事は無いでしょう。

そんな中,気温が下がり出す夕方からカメラレンズやCCDカメラのウインドウ
ガラスの結露防止テストを行っています。
先日紹介した乾燥空気発生器(受注は終了しています)からのホースを
QHY16200AのOGA部とレンズフードに接続しています。

QHY16200A側は概ね閉じた空間なので,直ぐに発生器からの乾燥空気で
充満されると思うので,残りがフード側に流れてくれれば一石二鳥でしょう。

冷却CCDカメラは本来なら乾燥空気など不要であるべきで
事実,私がドーム内で使っているSTX16803は結露したことはありません。

ただ,夜露で機材がビッショリ濡れることもある遠征などでは
フィルターなども含た光学系が曇る可能性も否定できません。
乾燥空気発生装置は,これらのリスクを下げてくれるアイテムです。


夏場の夕方と違って外気も乾燥しているので評価は難しいのですが
OAGの機能なども含めてテストを行う予定です。
 

なお,QHY16200Aは供給量が限られたため一旦受注を休止していましたが
受注を再開しました。納期はお尋ねください。
このカメラで撮られた素晴らしい(等倍)写真を紹介いたします。

|

2016年9月25日 (日)

AP赤道儀用POLE MASTERアダプター発売

B16_09_251


先日紹介したポラリエ用に続き,AP赤道儀用のPOLE MASTERアダプターを
発売します。商品名はPMAD-APで価格は7,560円(税込み)です。
(POLE MASTER側に装着する赤いオスアダプターは含まれません)


極軸望遠鏡のねじ込み部を使って,POLE MASTER用アームを固定するため
基本的に極軸望遠鏡とは両立できません。
(フォローはできませんが26φの中心孔に一部の海外製極望を装着できます)

POLE MASTERはクランプフリーで回転するので精確にセッティングできますが
極軸の回転によって台座部分などと干渉します。
固定ネジ(黒いゴムの部分)を少し緩くすることで実用上支障はないでしょう。
 

写真はAP-GOTO仕様なので,赤緯体にPOLE MASTERを装着できますが
オリジナルのAP赤道儀では適当な装着場所がありません。
最適とは言えませんがコストも考慮してこの部位にしました。

このアダプターもポラリエ用同様に「あれば便利」程度のアイデア製品でが
初めての南半球遠征がAP赤道儀の場合は必須アイテムになるでしょう。
 

このAP赤道儀用のPOLEMASTERアダプターは
極望でのセッティングが難しい南半球遠征の補助用とし開発しています。
常用としては使いづらいので,極望でセッティングできる北半球での
ご使用はお勧めしておりません。

|

2016年9月13日 (火)

ポラリエ用POLE MASTERアダプター発売

B16_09_131


先日紹介した,ポラリエ用POLE MASTERアダプターを発売しました。
商品名はPMAD-POLAで価格は7,830円(税込み)です。

写真のXY50-35を併用していただければ高精度な極軸設定ができるので
併せてご検討いただけると幸いです。


B16_09_132_2


このPMAD-POLAはポラリエの極軸ハウジングにねじ込むリングと
POLE MASTERを固定するアームで構成されますが
リングはレンチをかけて締めるのでアームの回転で緩むことはありません。
通常このリングとアームはポラリエに付けたままで持ち運びできます。


B16_09_133


アームの回転は適度のフリクションが効いているので(ユーザー調整可)
POLE MASTERを付けたアームは任意の位置で止まります。
ただ,不用意に大きく回転した場合に,POLE MASTER本体が三脚などに
衝突するのを防止するため,回転角度は以下の範囲に限られます。

POLE MASTERは極軸を2度回して(最初の位置も含め3ポイント)
セッティングしますが,以下の左状態から始め,右の位置で終るだけ
回転すれば充分です。


B16_09_135


実は,AP赤道儀用のアダプターも製作中で今月末には完成予定です。
同じような取り付け方になりますが,AP赤道儀用はクランプフリーで
回転する極軸そのものにねじ込みます。


ポラリエ用とAP用のPOLE MASTERアダプターは対象赤道儀が現行品なので
当面は需要をみながら小ロットで生産を続ける予定です。
ただ生産スケジュールの都合上,2~3ヶ月ほど在庫が切れることもあります。

在庫状況はこちらを参照ください。(更新が遅れる場合もあります)


|

2016年9月11日 (日)

ポラリエ用POLE MASTERアダプター

B16_09_110


スカイメモ関連の記事が続いたので,紹介が遅れてしまいましたが
ポラリエ用のPOLE MASTERアダプター(PMAD-POLA)も商品化しました。

一般的にはポラリエをPOLE MASTERで極軸合わせすることはないでしょうが
メインの機材がPOLE MASTERを使う場合のサブ機としてや
南半球遠征時には便利なのかも知れません。
 

一部のポータブル赤道儀のように外装にアームを固定するのではなく
ポラリエの極軸をベアリングで保持する外周部に回転アームを
ねじ込むので,極軸そのものの回転と見なしていいでしょう。

回転部は適度なフリクションが効いているのでフリーストップで使えます。

価格は7,,830円(税込み,送料540円,POLE MASTERと同時購入時は送料不要)
今月20日から出荷予定です。→12日から販売開始しました。
詳細な仕様などは後日紹介したします。
 

この商品は少量生産のため少し割高に感じますが当面製作を続けます。
スカイメモ用など当初から需要が読めるものは百個単位で製作しまが
この商品は読めないので,少ロット生産(20個)を繰り返す予定です。


|

2016年8月30日 (火)

追尾テスト時もPOLE MASTERで極軸合わせ

B16_08_251

これまで赤道儀の追尾テスト時は,極軸望遠鏡でラフに極軸を設定していましたが
最近は赤道儀接続アダプターの評価も行う意味でPOLE MASTERを使っています。


以下の写真のように両軸ガイドが行える赤道儀でキャリブレーションを行った後に
テストする赤道儀(写真例ではMS-3)にガイド鏡を付け替え
Pモーションや赤緯側のズレなどを評価しています。

B16_08_252

MS-3も2軸ガイド改造のお問い合わせが多いのですが
この追尾状況を見ると赤経だけのガイドで何ら問題なさそうです。

そうなるとMS-3(n)も1軸ガイドしたくなりますが,MS-3(3N)のコマンダーを
改造できないか調査中です。
スカイメモ用のガイドケーブルが流用できる場合は追って紹介いたします。


Ms3_1


Ms3_2


|

2016年8月23日 (火)

POLE MASTERで極軸調整

B16_08_221

自作の片持ちフォーク赤道儀は昨年春から自宅屋上に据え付けたままですが
最近は200mmでも僅かに星が流れるのでPOLE MASTERでの極軸を確認しました。

据え付け時は極望で大まかに合わせたあと,ドリフト法で追い込んでいましたが
かなりズレていました。
作業などでピラーにぶつかる事もあったので当然かも知れません。
  

フォーク式なので南向きの手擦りギリギリのところに据え付けているため
極望は極めて覗きにくいです。
今回はPOLE MASTERのおかげであっという間に再設定できましたが
この赤道儀を据えたは昨年の5月には,こんな便利な物が現れるとは
思いもしませんでした。


以下のグラフは極軸再設定後の追尾(ガイドなし)状況です。
屋外に放置しているので,連日の炎天下で赤道儀やMTSの温度は
50度以上になっており,過酷な環境下ですが追尾は極めて安定しています。

Y軸の一目盛りは約10秒角なので,5分程度の露出ならPモーションも含め
2~3秒角ほどに収まります。

時折両軸が同じ挙動を示していますが,これは人が居る場所によって
床面が撓んでいるからです。
今回,カメラレンズにも電動フォーカサー(リニアステッピングモーター)を
つけたので遠隔でのピント合わせも可能になりました。

B16_08_222

|

2016年8月18日 (木)

QHY16200A 200mmF2で試写

Ngc7000_300s6_900

昨夜は満月でしたが透明度が高かったのでQHY16200Aの試写を行いました。
主な目的は200mmF2のレンズでのスケアリング調整ですが
以前ここで紹介した方法で行ったため,短時間で合わせる事ができました。

撮影時間は30分(300秒×6枚)ですが,F2の明るさと高感度なKAF16200なので
それなりに写っているようです。フルフレーム型のKAF16200は
赤外域の感度が高いので,KAF16803同様にHaが良く写ります。


撮影データーは以下のとおりです。
・QHY16200A,1×1bin,冷却温度-10℃,露出300S×6,Ha(7nm)フィルター装着
・レンズ:AF-S NIKKOR 200mmF2 →F2開放
・自作赤道儀で自動追尾

ダーク,フラット補正は行わず,レベル調整と周辺減光,かぶり補正を行っています。

上の写真は1/4にリサイズ(若干トリミングあり),下の写真は中央付近を100%で
アップしています。

試写なので構図が悪い上,遠隔操作で撮っていないので屋上床の撓みに伴う
ガイドミスがあります。


Ngc7000_300s6_1434


|

より以前の記事一覧