PR

2020年11月29日 (日)

天文用アルカスイスクランプDS38Nについて-2

B201129

ここで紹介していた天文用アルカスイス規格のクランプDS38Nの製品仕様が完成しました。これから1ロット分を組み立ててから販売しますが,当初案内した12/25日から少し前倒しになる予定です。

DS38Nには写真のように黒のノブタイプとオレンジのレバータイプを準備しました。何れも実用上の固定強度は変わりませんが,ノブタイプはガイドカメラ用として写真のようにプレートに取り付けた場合でも操作ができるのが大きなメリットです。一方レバータイプは手袋のまま操作できます。干渉の心配がないXY60などとの併用に便利です。

 

DS38Nはノブタイプとレバータイプ共に税込み9,900円です。(送料は税込み370円)管理の都合上,ノブタイプの出荷が12/15日頃,レバータイプが12/25日頃を予定しています。

なお,赤道儀へ装着用として円形のDS38R-60とDS38R-76に着手しており年末発売予定です。DS38R-60はP-2にDS38R-76はEM-10/11にマッチします。

|

2020年11月28日 (土)

2021年の赤道儀改造やモータードライブ開発について

B201128

今年も残すところ1ヶ月余りになったので来年の赤道儀関連作業の計画を立ています。

2020年は写真のP-2やEM-200赤道儀の赤緯側にハーモニックドライブを採用した自動導入改造をメインに行いましたが,2021年は自動導入コントローラー手配の都合上,これらの改造は縮小し,公共/リモート天文台を対象とした原点検出仕様の改造に注力したいと思っています。

また対照的な商品ですがご要望の多い,タカハシの古い赤道儀用の1軸モーターも開発予定です。観望での使用を想定しているのでハンドコントローラーで増減速(4X/32X)ができます。

 

まとめると来年の主な赤道儀改造やモータードライブの開発計画は以下のとおりです。

  1. 据付赤道儀(NJP,EM-200/500も含む)を対象とした各種センサー付TITAN改造
  2. D型,P型赤道儀の観望用1軸モーターの発売→来春発売予定
  3. Mark-X,P-2,90S用2軸モーター(AMD-2N)の再開→1月から受注開始
  4. P-2赤道儀をベースとしたポータブル化改造→     〃    受注開始
  5. P-2自動導入改造→本日以降,最後の5台(3台までは赤道儀込も可*)を受注

 

*5のP-2自動導入改造は,赤緯体切断などを行うために万が一の事故対応用として複数の予備機を保有しています。内2台はグリーンハンマートン塗装仕様の初期型で殆ど使用されないまま格納箱で保管されていたものですが(ライトグリーンタイプもあります)次回が最終改造となるためこれらを使った改造も受注いたします。赤道儀本体の価格は,極めて程度の良い個体で税込み77,000円(純正三脚,1.4kgウエイト込み)です。改造でオーバーホールと追尾精度の実測も行うので安心です。手持ちの予備機を使った改造は終了しました。11/29追記

掲載した2台のP-2GOTO改造も極めて程度の良い個体を使った改造品ですが残り2台も同程度のものです。

|

2020年11月20日 (金)

低重心の高度方位調整装置 XY60の紹介-1

B201120

XY62/70の記事で触れていた低重心のタイプのXY60の製作を進めています。年明け早々の発売開始予定です。

XY60はカメラレンズや6~7cmクラスのツイン撮影時の光軸調整用としての使用を想定してますので両軸の完全ロックが可能です。もちろんポラリエUなどのポータブル赤道儀の極軸高度方位調整装置としてご使用いただけます。極めて低重心のため微振動の発生が抑えられます。

写真は以前限定製作したXY62とDS38Nの組み合わせですが,DS38Nを標準のクランプとする事でXY60はXY62から10mm全高を低くしました。また軽量化も図り400gを下回る予定です。(計画値)

基準高度は0°(-15~+15)と35°(10~65)の2タイプでご購入後お客様での変更も容易です。(内は調整範囲)

XY60の発売は2021.1.15日で価格は税込み24,200円です。両軸を完全ロックするためのレバークランプはオプション(2個セットで1,375円)

標準クランプのDS38Nは別途9,900円となります。XY60,DS38N共に限定商品ではありません。XY60,DS38N共に国内生産品です。

|

2020年11月16日 (月)

EM-500用 大型アリミゾについて

B2011161

公共関連の仕事でタカハシEM-500用(NJPなどJシリーズでも使用可)大型アリミゾを製作しました。

通常商品のDS75シリーズと比べ,アリガタ押さえ送りネジサイズをM8→M10に,有効ネジ部の長さを8mm→15mmに変更しており,アリガタ締め付け強度はDS75-40の4倍ほどになります。同時に全体的な肉厚アップに加え,アリガタ押さえピースやノブも大きくしており,このアリミゾ自体の耐荷重は80kg以上です。

以下はEM-500とNJP赤道儀に装着した状態です。NJPはEM-500と取付部の形状が同じなのでそのまま使用できます。

必要数量より多めに製作したので8台限定となりますが税込み33,000円で販売いたします。

B201116

B2011162

ヘリサートスプリューで補強したアリガタ押さネジ(M10)部で有効ネジ代は1.5D(15mm)です。

B2011163

|

2020年11月15日 (日)

新型 天文用アルカスイスクランプDS38Nについて-1

B2011152

天文用としてM8ボルト2本固定を採用したアルカスイス規格のDS38は2014.4月の発売以来,6年間で4,000台(SDS38含む)出荷ました。

当初はガイドカメラの固定用として開発しましたが,カメラレンズや小口径望遠鏡固定用としてアルカスイスタイプへのシフトが進んでいます。

そこで,プレート押さえ機構に新方式を採用した新型のDS38Nを開発しています。送りネジ方式のため軽い操作で強力な固定力が得られます。

またDS38Nは従来どおりガイドカメラ用としての需要も想定していますが,以下のようにアルカスイスプレート(DP38-144)をトッププレートした場合DS38Nを裏返して使えます。M6-17.5mm間隔のボルト穴を前後に準備しているのでSR31.7B4などをそのまま取り付けできます。

 

DS38Nの発売は2020.12.25日で価格は税込み9,900円です。(写真はメッキ処理前の状態です。商品仕様はノブが変更されます)

新型のアルカスイス規格クランプはDS38Nの他2機種を平行して開発中です。またプレートは既に商品化しているDP38-86,DP38-144に引き続きDP38-204を12月発売予定です。

B2011151

|

2020年10月25日 (日)

P-2赤道儀のポータブル化について

B2010251

こちらの記事で紹介していたP-2赤道儀ポータブル化改造の製品仕様が完成しました。試作から赤緯体を大きくし駆動用電池と極軸望遠鏡の視野照明装置を内蔵しています。

赤道儀本体は純正状態から1kgほど軽くなっていますが,不動点からカメラ搭載面までの距離が半分ほどになるのでウエイトの軽量化が図れます。写真は3.5kgほどの機材(EOS Ra+200mmF2)を搭載した状態ですが1.4gのウエイトで運用可能です。

 

以下はAMD-1N側からと乾電池収納部の蓋を外した状態です。内蔵した極軸望遠鏡の試写照明はこの電池を電源としています。なお蓋の上部はUNC1/4タップを設けているのでポールマスターや自由雲台も搭載できます。

パノラマヘッド装着面にはUNC3/8に加え,2-M6,17.5mm間隔のタップも施しているので片持ちフォークのアームなどを装着可能です。(後日紹介予定)

 

改造費用はAMD-1Nや赤緯体の交換に加え,極軸体のオーバーホールを含めた一式で55,000円(税込,パノラマヘッドは含まず),受注は2021.1の予定です。改造で取り外した赤緯体はオーバーホールをせずにご返却します。極軸体に加工は行わないため元通り修復できます。

B2010253

B2010252

|

2020年10月16日 (金)

AMD-1NとXY70-35で改造したポータブル仕様のP型赤道儀

B201016

P型赤道儀をベースとしたポータブル化改造については昨日のブログで紹介していますが,XY70-35やAMD-1Nのパネル側の写真が無かったので改めて紹介いたします。

AMD-1NはP-2用などと同様に下部に乾電池ホルダーを組み込んでいます。極軸望遠鏡の視野照明はこの電池を電源とし,配線とLEDは赤緯体内に内蔵しました。またウエイトシャフトがAMD-1N(電池ホルダー)と干渉しないように60mmの延長筒を装着しています。端には純正のシャフトをねじ込めます。

 

写真のパノラマヘッド(BENRO PC0)を含んだ一式の重量は約2.8kgです。同様にAMD-1Nを装着したP-2より2kgも軽いので300mmF2.8クラスのカメラレンズでの星野撮影や8cmクラスでの日食遠征用として便利でしょう。

なおP-2は極望の倍率が9倍もあるので八分儀の台形を探すのに苦労しますが,P型は倍率が低いので(5倍9度)南天での極軸合わせは大変容易です。

昨日の記事でXY70-35はXY62の二回りほど大きいと紹介しましたが実感が涌かないアングルだったので正面からの写真を紹介します。この状態だと大きさの差が解りやすいです。重さはXY70-35が620gでXY62が440gです。

|

2020年10月15日 (木)

P型赤道儀改造用XY70-35の状況について

B2010151

P型赤道儀改造用のXY70-35が完成しました。XY70-35単体及び赤道儀改造を予約の方へは時期や内容確認の案内をいたします。

なおXY70-35はご予約分のみの受注生産となっており余剰はございません。(12月にツイン鏡筒用の超低重心のXY80-0を受注予定です)

 

写真は手前左がXY70-35単体,中央がXY62です。XY70-35が二回りほど大きく重さは620gです。

奥は左と中央が評価のためP型赤道儀を自動導入改造を行ったもので,右がAMD-1NとXY62(試作品)でポータブル改造したP型赤道儀です。

改造内容と費用は以下のとおりです。

10.26日現在2.の「赤緯体を改造しAMD-1Nのみ装着」のみ4台受注可能です。追記

  1. P型赤道儀の極軸保持部をXY70-35に改造:40,700円
  2. 赤緯体を改造しAMD-1Nのみ装着:49,500円
  3. AMD-1NとXY70-35の装着しポータブル赤道儀化:90,200円

XY70-35を装着するためには極軸体から極軸保持部を切断します。分解して行うため極軸体のオーバーホールも行います。

AMD-1Nを装着するには赤緯体の上下を入れ換え,バランスシャフトを装着していた側へパノラマヘッドを装着(パノラマヘッドは改造費用に含まず),鏡筒バンドが付いていた側にAMD-1Nとウエイトシャフトアダプターを装着します。純正のウエイトシャフトがそのまま装着できます。AMD-1Nから赤緯ハウジング内にケーブルを通し極軸望遠鏡の視野照明も行います。

 

以下は評価用として赤緯軸をハーモニックドライブ化した自動導入機です。赤緯軸のハーモニックドライブ部は一枚目写真の左側と同じですが(内部が見えるよう開放状態),こちらは極軸側のモーターを赤緯体の中に組み込みコンパクトに仕上げました。

これまでP-2,90S(改造終了),EM-200の赤緯軸をハーモニックドライブ化しましたが今回のP型も極軸望遠鏡は使えます。

内蔵したハーモニックドライブは小型のCSF-11型で許容モーメント荷重は0.7kg/mです。写真の200mmF2程度なら許容値の60%ほどです。

評価のために極軸側のモーター周りが異なる2タイプの改造を試しましたが,他の機種に比べ手間やコストがかかる事から受注は行わない予定です。

P型にここまで手を入れるより,立派な高度方位調整装置を持っているP-2をハーモニックドライブ化した方が賢明でしょう。

B2010153

B2010154

B2010152

|

2020年10月 8日 (木)

スケアリング調整対応OAGユニットの紹介

B201007

10月下旬納品で案内していたスケアリング調整に対応したOAGユニット(2AD-SAP/OAG_M54/M72)が完成しました。FSQ-106EDP附属の2種アダプターCCA-250に互換しています。ご予約の方へのご案内となりますが,いつものとおり2~3割ほどの余裕をもって製作しました。余剰が出た場合は後日改めて案内いたします。

都合により余剰分は無くなりました。10/11追記

詳細は以下をご参照ください。

Nikon D810A用でOAG対応の要望が多かった事から,先のご案内から仕様を変更し機種を統一しました。対応カメラ機種やOAGの有無の選択は無くなりました。

  • 2AD-SAP/OAG_M54:19,800円
  • 2AD-SAP/OAG_M72:19,800円
  • M54,M72調整プレート単体:5,500円

以下は左から,2AD-SAP/OAG_M54にタカハシカメラマウント(Nikon AI)を装着,2AD-SAP/OAG_M72にBORG製GFXマウントを装着した状態です。(補助リング併用)

左から3番目は試作品のためにD810Aにのみ対応しません。一番右が2種アダプターCCA-250です。
試作品は数量制限がありますが15,400円での販売です。M54/M72何れにも対応できるよう2枚の調整プレートが附属します。

B2010071

D810Aを装着した状態です。D810Aはストロボを内蔵しているのでこの部分の干渉を防ぐため途中からサイズを落としています。なおミラーレスでないカメラではOAGユニットは下方に装着します。

B2010072

|

2020年10月 6日 (火)

ASI6200MMをFLI社製FWに接続するアダプターセット

B201005

こちらの記事で紹介した,ASI6200MMをFLI 社製フィルターホイール(CFW1-5またはCFW2-7)に接続するアダプターとQHY600用スペシャルOAGをセットを受注製作しました。僅かですが余剰がございます。完売しました。10/11追記

詳しくは以前の記事で紹介していますが,光路長はQHY OGA-Mに附属する3mmのスペーサーを併用すれば57.2mm*になります。タカハシ鏡筒のM54部からのバックフォーカス56.2mmに対して1mm長くなっています。

*SOAG:18.2,スペーサー:3,CFW:20.5,FLI-6200AD:3,ASI6200:12.5→合計57.2mm

この構成のメリットは,OAG側で行う鏡筒のスケアリング調整とは別に,C-MOSセンサーの傾きをASI6200MMに装着するアダプター(FLI-6200AD)で調整できる事です。センサーの調整ができればカメラのみを回転ができるため縦横構図変更が容易です。

 

QHY600用SOAGとFLI-6200ADのセット価格は34,100円です。(在庫数は2セットのみ,QHY OAG-Mは含まず)CFW1-5(2-7)のフロントパネルへのネジ加工は無償で行います。

写真は手前左からビクセン用M60/M56テーパーリング,タカハシ用M54テーパーリング,FLI-6200ADで,左奥は加工したCFWのフロントパネルとそれにQHY600用SOAGを取り付けた状態,右はFLI-6200AD装着したASI6200をCFW1-5に装着した状態です。CFWに対してカメラの回転や着脱が容易に行えます。

 

このところ公共や個人天文台の自動化改造工事が立て込んでいます。光学センサーによる望遠鏡格納位置からの全自動導入やリミット機能に加え,降雨信号による望遠鏡格納→格納完了後にスライディングルーフを閉鎖するシーケンスも行います。ASCOMにも対応するのでリモート天文台用としても便利です。

基本は出張作業ですが,システム構成や動作確認に時間を要すため,当面は改造の受注を休止しております。(既にEM-200DHDなどの改造のご予約をいただいている方へは近日中にご注文の案内をいたします)

|

より以前の記事一覧